食べたい時のダイエット茶

食べたい時のダイエット茶

我慢しないダイエットを実現した機能性ダイエット玄米緑茶

「DHC食べたい時のダイエット茶」は、「食べるのが大好き!でも痩せたい!」という人におススメの、水やお湯に溶かして飲む粉末タイプのダイエット茶です。難消化性デキストリン、玄米緑茶、ギムネマ、キトサンを配合することで、食事によるカロリーオーバーをコントロールして、「太り」に対抗していきます。糖分や資質にもアプローチしているため、ダイエット中の方はもちろん、コレステロール値や健康値が気になる方にも適しています。

食べたい時のダイエット茶のHP画像

引用元:食べたい時のダイエット茶
https://www.dhc.co.jp/main/main.jsp

食べたい時のダイエット茶の
価格

500mlあたり180

30包入り・通常価格
1,234

※通常価格をもとに、お茶パック1包につき120mlで淹れた場合で計算しています。

食べたい時のダイエット茶

食べたい時のダイエット茶の
飲み方

  1. 食べたい時のダイエット茶をカップに注いだ画像1包につき100~120㎖の水、またはお湯に溶かしてお召し上がりください。
  2. 1日に1~3杯を目安に、食前に飲んでいただくのがおススメです。

食べたい時のダイエット茶をカップに注いだ画像

食べたい時のダイエット茶の
オススメ3ポイント

  1. 我慢しないダイエットを可能にした、厳選の配合成分

    食べたい時のダイエット茶には、食事による値の変化にアプローチして「太り」に対抗する「難消化性デキストリン」と、糖分に働きかける「ギムネマ」、脂質にアプローチする「キトサン」が配合されています。この厳選された3つの成分の働きで、食べる前に飲むだけの、我慢しないダイエットを可能にしています。

  2. 食事のお供にピッタリのスッキリした味わいの玄米緑茶

    食べたい時のダイエット茶は、炒り玄米の香ばしい香りと緑茶のスッキリした味わいの玄米緑茶です。食事のお供にもピッタリの美味しさで、飲み続けやすいダイエットティーとなっています。ダイエット中の方はもちろん、コレステロールが気になる方や、健康値が気になる方にもオススメしたいお茶となっています。

  3. スティックタイプで作りやすく、持ち運びにも便利

    粉末タイプのダイエット茶で、持ち運びにも便利な1回分ずつの個包装(スティックタイプ)となっています。お湯にも水にもさっと溶けるので、使いやすいというのも大きなポイント。旅行や出張、またカロリーオーバーしがちな外食のときなどに、強い味方として鞄に入れてお持ちいただければ、外出先でも簡単に飲むことができます。

食べたい時のダイエット茶を徹底解剖
ブレンドされているお茶をチェック

ブレンドされている
お茶の種類

難消化性デキストリン / 玄米緑茶 / ギムネマ

ピックアップ成分

テアニン 米茶に含まれるテアニンには、アルファ波を増加させる働きがあり、脳をリラックスさせ、ストレスを緩和させる効果があるとされています。
食物繊維 難消化性デキストリンはでんぷんの1種で、水溶性の食物繊維です。整腸作用があり、食後の血糖値の上昇を抑制する効果もあるとされています。
ギムネマ ギムネマには、摂り過ぎてしまった糖を中性脂肪として体に蓄積されにくくし、余分な糖を体外に排出する働きがあるとされています。

食べたい時の
ダイエット茶の

口コミ・評判まとめ

  • 手軽で美味しく簡単にできるダイエットサポート

    50職業不明

    食前に飲んでいるお茶を「食べたい時のダイエット茶」に置き換えるだけで、簡単にダイエットに繋がるというのが嬉しいです。粉末タイプで手軽に作れるし、しかも味がどんな料理とも合う玄米茶風味で気に入っています。家で普段飲んでいるお茶よりも美味しいので、本当に大好きです。

  • ちょっと苦めなので、好みが分かれるかもしれないダイエット茶

    50職業不明

    玄米緑茶風味ですが、味はどちらかというと苦めです。私はどちらかというと苦めのお茶が好みなので問題ないですが、好みが分かれるかもしれませんね。毎夕食に大きめのマグカップに入れて飲んでいますが、少々カロリー高めの食事でも体重はキープ。安心して美味しいものが食べられるし、携帯しやすいのも良いですね。

  • 美味しく飲めてお腹スッキリ!体も軽くなってきました

    40職業不明

    甘いものも油物も好きなのですが、やはりお腹も体重も気になります。でも、ダイエット茶を飲みながら食べると、いつもよりたくさん食べても体重が増えません!もうこれにはビックリです。それに毎日の便通も良くなってお腹もスッキリし、だんだん体が軽くなってきたように感じます。美味しいお茶だし飲み続けます!

  • 食べたい時のダイエット茶、夕食前の習慣になってます

    40職業不明

    食べたい時のダイエット茶は、今や私の夕食前の習慣になっています。飲むことでお通じも良くなっているし、何と言っても食事を食べながら体重を気にしなくても良くなったのが嬉しいです。ずっとこれからも続けて飲んでいきたいので、キャンペーンなどを狙ってまとめ買いをしたりしています。

  • 日本人には親しみやすい味なので気軽に飲めます

    年齢職業不明

    粉末状のお茶ですが、水には少し溶けにくいかもしれません。私はシェイカーに入れて振り、よく混ぜてから飲んでいます。寒い時期には、お湯に溶かしてホットで飲むのもおすすめですよ。また、違う味のお茶も出してくれたら、用途に合わせて使い分けできて良いなあと思っています。今のところ便秘が解消されていますが、この先、体がお茶に慣れて、便が出なくなるかもと少々不安なので、飲みながら様子を見たいと思います。

  • 粉末緑茶の粉っぽさが苦手な人でも大丈夫です!

    年齢職業不明

    粉末タイプのお茶は、栄養を丸ごと吸収できる点がメリットですが、粉っぽさが残ってしまい美味しいイメージはありませんでした。「食べたい時のダイエット茶」も粉末なので覚悟して飲んでみましたが、お湯にしっかり溶けていて結構美味しいです!案外いけたので、ほかの似たような製品からこちらに切り替えました。糖質ダイエットと合わせて、朝食前に必ず飲んでいます。

口コミまとめ

どんな料理にも合う玄米茶風味

健康茶やダイエットティーには、クセの強い独特な風味のものもあり、飲み続けるのを断念してしまう人も多いでしょう。しかし「食べたい時のダイエット茶」は、日本人の舌に馴染みやすい玄米茶風味で、どんな食事にもぴったりです。あまりの美味しさに、「いつも飲んでいるお茶より美味しい」という意見を寄せる人も。少し苦めではありますが、躊躇するほどではないのでご安心を。

「食べたい」を我慢しなくていいダイエット茶

食べる量を制限していると、徐々にストレスが溜まっていき、ダイエットを挫折しかねない事態に。そこで、食べながらでもダイエットを達成できるのが、このお茶です。食事と一緒に飲むことで、体重をキープすることができたという嬉しい声が続々とあがっています。朝食前や夕食前など、自分で時間を決めて飲む習慣をつけることが、継続するコツかもしれません。

総評

玄米の香ばしさを感じられる日本人好みの緑茶味。そして、食事会や飲み会、高カロリーな夕食が続く日々でも、食事前に飲めばカロリーオーバーをなかったことにしてくれるのが、「食べたい時のダイエット茶」です。お茶の特徴も大切ですが、飲み続けるには価格も重要。そこで数あるダイエットティーの中から厳選したものを、500mlあたりの価格を提示してまとめました。ぜひ自分に合ったダイエットティー選びに活用してみてください。

食べたい時のダイエット茶はこんな人におすすめ

ダイエットで一番つらいのが、「食べたい」という欲求との葛藤ではないでしょうか。特に食べることが大好きな人にとっては切実な問題。そんな人の強い味方になってくれるのが、「DHC食べたい時のダイエット茶」です。

食べたい時のダイエット茶は、水やお湯に溶かして飲む粉末タイプのダイエットティー。主な成分として、食物繊維の一種である難消化性デキストリンや、糖や脂肪の吸収を抑えるギムネマ、キトサンなどが含まれています。食事の前に飲むことで、これらの成分が食事中の血糖値の上昇を抑え、さらには摂りすぎてしまった糖や脂肪を身体の外に排出してくれるでしょう。ダイエット中の方はもちろん、血糖値や血中脂肪値が気になる人にもおすすめです。

食べたい時のダイエット茶の副作用とは

「DHC食べたい時のダイエット茶」は、1日1~3包が目安とされています。こちらの用量を守って飲めば、特に大きな副作用はありません。ただし成分のひとつである「キトサン」はカニの甲羅から作られる食物繊維の一種。カニアレルギーがある人は注意が必要です。

食べたい時のダイエット茶の基本情報

販売会社 株式会社 ディーエイチシー
販売会社住所 東京都港区南麻布2丁目7番1号
容量 / 価格 1箱30包炒り 通常価格1,234円/定期価格1,172円
原材料 難消化性デキストリン/減摩緑茶エキス/玄米緑茶パウダー/ギムネマシルベスタエキス末/シクロデキストリン/キトサン(かに由来)/酸化防止剤(ビタミンC)
ブレンドでバランスよく効果を摂取 おすすめダイエットティー10選 ブレンドでバランスよく効果を摂取 おすすめダイエットティー10選