サポニン

サポニンって?

サポニンは植物の根や茎や葉に多く含まれている成分です。天然の界面活性作用を持つため、水に溶かすと石鹸のように泡立つのが特徴で、石鹸がなかった時代には洗剤としても利用されていました。

健康食品として摂取する場合、ダイエットティーはもちろん、大豆製品や皮をむかずに調理したごぼう料理、お茶などから摂取できます。日常的な食生活の中に簡単に取り入れられるので、比較的摂取しやすい健康成分と言えるでしょう。

サポニンで肥満予防

腸から吸収されたブドウ糖が脂肪酸と結合することで脂肪は作られます。その際、体内に脂肪が蓄積しないよう働くのがサポニンの特徴。また血中の悪玉コレステロール値を下げる作用も期待でき、結果として脂肪の溜め込みを防止、肥満の抑制効果が期待できます。

数あるサポニンの中でも、大豆由来のサポニンは脂肪燃焼を促進する「アディポネクチン」の分泌を促すため、痩せやすい体質作りにはうってつけです。

まだあるサポニンの効果

抗酸化作用

体の老化や、悪玉コレステロールの増加には「酸化」が深く関わっています。サポニンの特徴は、この現象を防ぐ強い抗酸化作用。動脈硬化や心筋梗塞などの成人病予防にも役立つと考えられています。

免疫力向上

体の免疫機能を担う白血球、リンパ球は、外敵となるウイルスや細菌と戦う際に栄養を必要とします。サポニンはこれら白血球、リンパ球の栄養素の役目も果たすもの。サポニンを摂ることで結果的に免疫機能の増強が期待できるでしょう。

血流改善

毛細血管の血行が改善され、血液をサラサラにするため血栓ができにくくなります。成人病の予防や血行増進による冷え性の改善、また代謝がアップするため痩せやすい体質づくりにも期待大です。

肝機能の向上

脂肪肝の状態では、蓄積した脂肪が酸化して肝臓に炎症を起こし、肝機能の低下を招きます。サポニンの中でも大豆サポニンは過酸化脂質を抑制・肝臓の炎症を抑えるため、肝機能の回復に役立つとされている物質です。

咳や痰を抑える

サポニンは何の植物から抽出されたものかによってそれぞれ性質が異なります。アマチャヅル由来のサポニンは咳を抑える働き、桔梗由来のものには咳・痰を抑える働きがあり、生薬としてのど飴や飲み薬に活用されるなど身近な存在です。

サポニンの種類

サポニンはさまざまな植物に含まれており、抽出される植物ごとにたくさんの種類へ分類できます。ここでは、わたしたちが日頃、健康成分としてよく利用しているサポニンのうち「茶葉に含まれるサポニン」と「茶の種に含まれるサポニン」の2つをご紹介しましょう。

茶葉サポニン

お茶の苦味や、抹茶を点てた際の特有の泡立ちを作り出しているのは、この茶葉サポニンではないかと考えられています。茶葉サポニンは、茶葉の中にわずか0.2%しか含有されていない非常に希少な成分。茶を代表する健康成分・カテキンなどに比べればごくわずかしか含まれておらず、あまり聞き慣れない存在かもしれません。その一方で、カテキンの持つ作用を補助しているのではないかとも考えられています。

茶葉サポニンの持つ作用の中で、代表的なものは肥満予防効果や抗炎症作用です。しかし最近の研究で血圧コントロール・アレルギー治療に活用できる可能性が見出され、これからの活用法の拡大にも期待が集まっています。

茶種子サポニン

作物としての茶は大部分が葉の利用であるため、現在の栽培方法で花や実が利用されることはほとんどありません。ところが、かつての茶の産地では茶の実から取れた油を、食用油や洗髪剤として利用していた例もあります。

茶の種子からは油以外にも10%程度のサポニンが抽出でき、これこそが茶種子サポニンと呼ばれるものです。茶種子サポニンは茶葉サポニンとは少し性質が異なっており、咳や痰を抑える作用や抗炎症作用、アルコールの吸収を抑制する作用があるとされます。

また、抗菌作用や殺ダニ作用、植物の生長をコントロールする作用など、健康分野以外での活用も考えられる性質を発見。水田でのタニシ駆除やゴルフ場のミミズ駆除をはじめとして、今後さらに広く利用されていくでしょう。

ブレンドでバランスよく効果を摂取 おすすめダイエットティー10選 ブレンドでバランスよく効果を摂取 おすすめダイエットティー10選