フラボノイド

ルイボスは発酵したときに赤みを帯びることから「Red Bush」と呼ばれており、ルイボスティーは「奇跡のお茶」とまでいわれているそうです。

そんなルイボスティーに豊富に含まれている「フラボノイド」は、美容やアンチエイジングに効果的で、ダイエット効果も有しているといわれています。

ルイボスティーが奇跡のお茶と呼ばれているのは、フラボノイドの持つ効果効能にも大きな理由があるのではないでしょうか。

本記事ではフラボノイドについて、その効能効果を詳しくご紹介いたします。

ルイボスは発酵したときに赤みを帯びることから「Red Bush」と呼ばれており、ルイボスティーは「奇跡のお茶」とまでいわれているそうです。

そんなルイボスティーに豊富に含まれている「フラボノイド」は、美容やアンチエイジングに効果的で、ダイエット効果も有しているといわれています。

ルイボスティーが奇跡のお茶と呼ばれているのは、フラボノイドの持つ効果効能にも大きな理由があるのではないでしょうか。

本記事ではフラボノイドについて、その効能効果を詳しくご紹介いたします。

フラボノイドはポリフェノールの一種

フラボノイドは野菜や果物などの植物が生産し含有するポリフェノールの一種です。自然界には実に7000以上もの種類が存在すると考えられています。

フラボノイドはいくつかに分類することができ、化学構造の違いによってフラボノール、フラボン、アントシアニジン、イソフラボンなどに分けられています。また、さらに細分化することもでき、茶カテキンや大豆イソフラボン、アントシアニンなどが代表的なものとして挙げられます。

フラボノイドは野菜に多く含まれる

フラボノイドは植物の葉や花、果実、茎、根まであらゆる部分に含まれており、果物の場合は果肉よりも果皮に多いといいます。

野菜の多くがフラボノイドを含んでおり、例えばタマネギやピーマンに含まれるケルセチン、トマトに含まれるミリセチン、セロリやパセリに含まれるアピゲニン、サニーレタスや赤キャベツに含まれるシアニジンなどが知られています。

特にフラボノイドを多く含む野菜であるパセリには、アピゲニンというフラボノイドが含まれており、高い抗酸化作用や抗がん作用があるとされています。

(参考URL:https://www.jstage.jst.go.jp/article/vso/80/8/80_KJ00004362797/_pdf/-char/ja

フラボノイドには高い抗酸化作用がある

フラボノイドは「機能性成分」に分類されています。

機能性成分というのは、タンパク質・脂肪・炭水化物の三大栄養素とミネラル・ビタミン以外の成分で、なおかつ健康維持や増進にメリットを与える成分のことを指します。

フラボノイドにはさまざまな効果がありますが、中でも注目すべきなのはその抗酸化作用の高さです。

フラボノイドの抗酸化作用がダイエットに繋がる

活性酵素は肥満の原因になるとも言われており、体内の活性酵素の量が多い人ほど肥満の傾向にあるそうです。

フラボノイドにはこの活性酵素を取り除く効果、すなわち抗酸化作用を有していることから、ダイエットにも有効な成分であると考えられます。

マウスの研究により、フラボノイドはダイエットのリバウンド防止にも効果的であることが明らかにされています。

(参考URL:https://www.natureasia.com/ja-jp/nature/pr-highlights/11182

ルイボスの産地である南アフリカの原住民の中でルイボスティーを飲んでいる人は、年齢よりも若く見え、肥満の人が少ない傾向にあったといいます。

これには、フラボノイドの抗酸化作用も大きく影響しているのではないでしょうか。

フラボノイドの抗酸化作用は生活習慣病の予防にも効果的

活性酵素はメタボリックシンドロームや糖尿病、高血圧、心筋梗塞などの生活習慣病の原因になるとされています。つまり、フラボノイドはこれらの病気の予防効果も期待できるというわけです。

なお、フラボノイドの抗酸化作用を活性化するためには、ビタミンCやビタミンEなどの抗酸化作用をもつほかの成分と一緒に摂取するとより効果的と言われています。

フラボノイドの力を最大限に発揮したい場合には、一緒に含まれている成分や、一緒に取り入れる食事の内容も意識してみると良いでしょう。

ブレンドでバランスよく効果を摂取 おすすめダイエットティー10選 ブレンドでバランスよく効果を摂取 おすすめダイエットティー10選