カリウム

カリウムって?

細胞の中身を満たしている、細胞内液中に主に存在するミネラルの一種・カリウム。ナトリウムとともに、全身の細胞の浸透圧を調節したり、血圧を調節したりといった重要な役割を担っている成分です。

カリウムは海藻や大豆製品や野菜などに豊富に含まれており、食事から摂取しやすいと言えます。その一方で、摂取しても大部分が尿として排出されるため体への吸収は難しく、ダイエットティーなども活用して効率よく摂取しなければなりません。

カリウムとダイエットの関係

「運動をしているのに、全然汗が出ないし体も熱くならない」なんて経験はありませんか?これは、筋肉を動かす効率が低い証拠です。じつはカリウムは筋肉中に約60~70%も含まれ、筋肉のエネルギー代謝のカギを握っている、酵素の活性化に役立っています。つまりカリウムは筋肉の動作に必須の成分。しっかりと摂取しておくことで運動の効率を上げられるほか、より大きな負荷をかけて脂肪を着実に燃焼させることができます。

まだあるカリウムの効果

むくみ解消効果

運動不足や血行不良が原因で体がむくんでしまう女性は少なくありません。全身の細胞には細胞内液という水分がたっぷりと蓄えられています。余分な水分は尿として排出しながら、適切な水分量を保持するにはカリウムの力が必要です。適量のカリウムが常に細胞内に存在している状態を保たなければ、水分が排出できずむくんでしまうでしょう。

血圧調整効果

血中のナトリウム濃度が高まってくると、濃くなりすぎた血液の濃度を一定に保とうとして、血液中にどんどん水分が送り込まれます。こうして血液中の水分量が増えると血圧が高まり、高血圧の状態に。カリウムは血中のナトリウムを体外に排出してナトリウム濃度の均衡を保ち、高血圧を正常化する機能を備えています。

グルコースを取り込む効果

血中に存在するカリウムは、インスリンの働きによって細胞内に取り込まれ、その際に細胞の栄養となるグルコース(糖)を一緒に細胞内へ連れていきます。血中に適量のカリウムがない場合、インスリンの分泌に異常をきたして高血糖の状態となりかねません。逆にグリコーゲンからグルコースへの分解がうまくいかず、低血糖の症状が現れることもあります。

便秘解消効果

便は腸の筋肉が正常にぜん動運動を起こすことによって、少しずつ消化器官から体外に向かって押し出されていきます。そのため、腸の筋力が低下していると便を押し出す力が足りず、慢性的な便秘になりがちです。カリウムは筋肉の働きをサポートする重要な成分ですので、長期的に見て便秘の改善にも効果が期待できます。

筋肉のけいれんや不整脈を予防

前述の通り、カリウムは筋肉の動作において重要な役割を担っている成分です。筋肉中のカリウムが不足すると、うまく筋肉を動作させられず、「手足に力が入らない」「筋肉のけいれんが止まらない」といった症状に悩まされることがあります。心臓も筋肉でできているため、カリウムが極端に不足すれば心臓の異常けいれん、また不整脈が起こる可能性もゼロではないでしょう。

カリウムの安全性、摂取の注意点

ダイエット効果だけでなく、人間の基本的な生命維持にも重要な役割をもつカリウム。摂りすぎの悪影響はあるのでしょうか?

通常は問題ないけれど、
腎障害の方は要注意

カリウムは過剰に摂取しても、尿として自然に体外に排出されるシステムが備わっているため、過剰摂取が問題となることはまずありません。しかし、腎臓に問題を抱えている方は注意が必要です。尿を生成する能力が衰えているため、正常に排出できなかったカリウムが体内にどんどん蓄積して高カリウム血症を引き起こしかねません。

また、カリウム含有量の多いサプリメントなどを適正量を超えて過剰に摂取した場合も、高カリウム血症となるため注意してください。腎臓に持病のある方がダイエットティーを飲む際は、念のため主治医に事前に相談したほうが良いでしょう。

ブレンドでバランスよく効果を摂取 おすすめダイエットティー10選 ブレンドでバランスよく効果を摂取 おすすめダイエットティー10選