メチオニン

メチオニンって?

メチオニンは、必須アミノ酸の1つです。必須アミノ酸は人間にとって必ず摂取しなくてはいけない成分で、不足すると不調を招いてしまいます。主に脂質を代謝させるために働くL-カルチニンを作る原料です。

メチオニンと脂肪燃焼の関係

脂質の代謝に働きかける成分を作るために必要なので、メチオニンはダイエットにも大きく関係します。メチオニンが不足するとL-カルチニンが作られなくなってしまい、脂質がうまく代謝できない…となってしまうので、不足しないように補わなくてはいけません。

実はメチオニンは、体内で生成することができない成分です。そのため、食事で補うしかありません。鶏肉・牛肉というお肉、それ以外には赤身の魚、乳製品、大豆製品、ナッツ系でメチオニンを摂取することができます。

ダイエットを目的としてメチオニンを補うべきとご紹介しましたが、そもそも必須アミノ酸なので不足してはならない成分です。肝機能が低下したり、コレステロールが増加したり、抜け毛があったり…と不調が発生します。

L-カルチニンを増やす

ダイエットのためには体に蓄積した体脂肪を燃焼させなくてはいけません。メチオニンは、リジンというアミノ酸と結合することで、L-カルチニンが肝臓・腎臓で作り出されます。そしてL-カルチニンが脂肪酸を脂肪の焼却炉と呼ばれるミトコンドリアまで運搬し、そこでやっと脂肪が燃焼されます。L-カルチニンが脂肪燃焼に大きな役割を果たすことがわかりましたが、問題はその量です。

若いころはたくさんあったL-カルチニンも、年齢を重ねると減少してしまいます。若いころはすぐ痩せたのに、年を重ねると痩せにくくなった…とよく言いますが、L-カルチニンの量が減ってしまったことも大きく関係しているでしょう。

そこで補いたいのがメチオニンですね。メチオニンがL-カルチニンの原料となるので、作り出せるようにメチオニンを準備しておきましょう。L-カルチニンをそのまま補えるサプリメントもありますが、メチオニンを補って体内でL-カルチニンを生成するように促したほうが、体脂肪の燃焼がしやすい…と言われています。これはあくまで可能性の話で確実ではないのですが、メチオニンを脂肪燃焼のために補っておいて損はありません。

肝機能を高めてデトックス

メチオニンが不足すると肝機能が低下するとご紹介しましたが、肝機能を高めることは健康のため以外に、ダイエットにも役立ちます。これはL-カルチニンの原料としてではなく、メチオニン単体としての働きです。

メチオニンを摂取することで、肝臓の機能が高まります。蓄積していた毒素が排出していくので、代謝も高まってデトックス効果が期待できるでしょう。肝臓は体内に入ってきた様々な物質に含まれる有害物質を分解する役割があります。その機能が弱ってしまうと、当然体内には有害物質や毒素、老廃物が蓄積してしまいますよね。ダイエットを始めても体に不要なものがあるとスムーズにいきません。まずは体内をきれいにすることが大事ですが、そのためには肝機能を高める必要がありますね。

そのサポートをしてくれるメチオニンを不足することなく摂取するところから始めましょう。

肝臓の機能が高まれば、肝臓に脂肪が蓄積してしまう脂肪肝の予防にもなります。脂肪肝は肝硬変や動脈硬化といった命にもかかわる病気を招く恐れがあります。また生活習慣病のリスクもぐんとアップするため、メチオニンで肝機能を高めておきましょう。

メチオニンは過剰摂取に気を付けよう

メチオニンの不足が起きないようにとお話ししてきましたが、反対に過剰摂取する問題もあります。副作用と呼ばれる症状ですね。起こる不調としては、低血圧や嘔吐、めまいというようなものです。あまり摂りすぎず、でも不足してしまわないように…適度な摂取が理想といえるでしょう。

特にダイエットのために補いたいと思うと、より脂肪を燃やすために…とたくさん摂取したほうがいい気もするのですが、推奨量は体重1㎏につき15mgとなっているので、自分の体重に置き換えて計算し、適量を見つけてくださいね。上限は1㎏につき100mgとされています。食事ではメチオニンを過剰摂取してしまう可能性は低いですが、サプリメントだと可能性はあります。サプリメントでメチオニンを補う場合は、配合量を確かめてみてくださいね。

ブレンドでバランスよく効果を摂取 おすすめダイエットティー10選 ブレンドでバランスよく効果を摂取 おすすめダイエットティー10選