ポリフェノール

ポリフェノールって?

ポリフェノールは、自然界の植物のほぼ全てに存在する着色・苦み成分です。最大の特徴が、活性酸素を取り除く抗酸化作用。抗酸化作用はビタミンCやビタミンEにもありますが、ポリフェノールの抗酸化作用はこれらよりも強い働きがあります。

ポリフェノールと脂肪燃焼の関係

食品からポリフェノールを摂取することで、体についた余分な脂肪を燃焼させる効果が期待できます。ポリフェノールを摂取すると、体内の脂肪細胞に多くの熱が発生し、エネルギー消費がアップします。それによって体の中に溜まっていた余計な脂肪の燃焼が促進され、結果的にダイエット効果へつながるのです。さらに、継続的にポリフェノールを摂取することで体が脂肪の燃焼をしやすい状態になり、日常生活の中で無理せずに脂肪の蓄積を抑えることができます。

肝機能をサポート

肝臓の代表的な働きの一つが脂肪の排出です。しかし排出しきれない大量の脂肪分を摂取すると、肝臓の処理が追いつかず肥満につながってしまいます。さらに慢性化すると、肝機能が十分に働かずダイエットをしても思うような効果が得られません。ポリフェノールはその肝機能をサポート。ポリフェノールが持つ解毒作用は肝臓機能を補助し、ダイエットに高い効果が期待できます。

過剰摂取による副作用に注意

ポリフェノールといってもその種類は豊富。中には過剰摂取をすると思わぬ副作用を引き起こす成分もあるのです。たとえば、女性の美容と健康に幅広い効果があるイソフラボンは、女性ホルモンの一種であるエストロゲンに似た働きを持っています。適量であれば問題ありませんが、過剰摂取するとホルモンバランスが乱れ、生理不順や肌トラブルを引き起こす原因に。一日の摂取量目安を守ればポリフェノールは安全な成分なので、摂取量はしっかり守りましょう。

ブレンドでバランスよく効果を摂取 おすすめダイエットティー10選 ブレンドでバランスよく効果を摂取 おすすめダイエットティー10選