ダイエットティーの効果とは?
飲み方しだい!ダイエットティーでキレイ痩せメソッド

飲み方しだい!ダイエットティーで痩せる方法

ダイエットティーと呼ばれるお茶は、体の脂肪を減少させたり、糖の吸収を抑えたり、ダイエットに有効な作用が強いとされています。しかし、ひと言でダイエットティーと言っても、その種類は伝統的なハーブティーからトクホ飲料まで様々。豊富な種類それぞれにお茶としての特徴があり、含まれている有効成分や期待できる効能も様々です。ですので、お茶のダイエット効果を正しく得て痩せるためには、それぞれ効果的な飲み方というのも存在しているのです。

  • なぜお茶で痩せるの?

    ダイエットティーには、それぞれ体内で脂肪や糖に効く有効成分が含有されていて、その成分を摂取することで、肥満対策ができるとされています。そんなダイエットに有効とされる成分は数種類あり、それぞれ作用に特徴がありますので、肥満の傾向によって合うもの、合わないものがあるようです。そこでこのページでは、なぜダイエットティーを飲むと痩せるのかを中心に、ダイエットティーの効果と、ダイエットへの活かし方についてご紹介していきます。

  • おいしい淹れ方

    ダイエットティーを淹れるには、茶葉に含まれるせっかくのダイエットに有効な成分を、余すことなくお茶に出したいですよね。そのためには、お茶の淹れ方というのも、とても大事になってきます。また、適した淹れ方をすることで、そのお茶が本来持っているうま味を、最大限引き出すことも可能なのだそうです。そこでこのページでは、ダイエットティーの効果や美味しさを最大限に引き出せる、そんなお茶の淹れ方についてご紹介していきます。

  • 飲むタイミングや
    回数は?

    ひと言でダイエットティーと言っても、様々な種類があり含まれている成分も異なります。ダイエット効果が期待できる有効成分にはそれぞれ特徴があり、より効果的な飲むタイミングというのにも違いがあります。そこでこのページでは、ダイエットティーの効果をより正しく得るための、飲み方についてご紹介していこうと思います。どんなタイミングで飲むのが良いのか、どのくらい飲んだら良いのか、飲む時に気をつけたいポイントなどを挙げています。

  • 食べ物と
    ダイエットティーの相性

    糖や脂肪の多い食べ物って、美味しくてお好きな方も多いかと思います。でも、食事制限のダイエットは、かえってストレスが溜まってしまって、大きなリバウンドを起こす危険性もあります。そこで活用したいのが、ダイエットティーです。ダイエットティーの有効成分には、食事によって摂取した糖や脂肪の吸収を抑制したり、排出を促す作用のあるものが複数あります。このページでは、こうした食べ物とダイエットティーの相性について、ご紹介していきます。

  • お茶に美容効果はあるの?
    その成分とは

    ターンオーバーを助けて若々しい肌を保つα-リノレン酸や、シミ・ソバカスを防ぐビタミンC、カサカサ肌の改善が見込めるビタミンEなど、ダイエットティーには美容に役立つ成分がたくさん。これからダイエットティーを飲み始めるなら成分をしっかり確認して、気になる部分を適切にケアできるものを選びましょう。ここでは、ダイエットティーに含まれる代表的な美容成分6種類を詳しく解説。その効果を知り、キレイづくりに活用してみてください。

どんなダイエットティーを選べばいいの?

自分のタイプに合った
作用を持ったダイエットティーを選ぼう

  1. ダイエットティーにはそれぞれ違った効能が!?

    実はダイエットティーの種類によって、それぞれダイエットにたいしてもアプローチ方法が違います。それぞれの効果を知って自分に合った効能のお茶を選ぶと良いでしょう。

  2. 脂肪燃焼やデトックスなど、効能別のおススメ茶はコレ!

    脂肪太りが気になる方なら、脂肪燃焼効果のあるプーアール茶などが、デトックス効果ならばドクダミ茶ルイボスティーなどが、妊婦さんや産後太りを改善したい方はたんぽぽ茶などが適しているとされます。

  3. ブレンド茶は効果をバランスよくとることができる!?

    各茶葉の効能のいいとこどりをするのがブレンド茶。例えば脂肪を燃やすプーアール茶に、糖の吸収を抑制する黒豆茶を合わせることで、脂肪と糖の両方にアプローチします。

  4. ブレンド茶はダイエットティービギナーの強い味方!

    自分に合うお茶がわからないという方もいらっしゃると思います。その場合は、いろんな効能を1杯のお茶で得られるブレンドティーがおすすめ。また、ストレート茶よりも飲みやすい味になるようにブレンドされていることも多いのが特長です。

お茶の香りを楽しむ

私たちがダイエットティーを飲むのは、一番にはもちろん痩身効果を期待してのことですね。その上に自分好みの味のものを選んでおいしく飲み、お茶の香りそのものもリラックスして楽しめれば言うことはありません。「ティートゥリー」というアロマに人気があるように、お茶の香りには鎮静効果などの有効成分も含まれています。この項では、お茶の香りをもっと楽しみ、生かしていただくためのあれこれをご紹介していきます。

烏龍茶

「香りのお茶」と呼ばれるだけあって、ジャスミンと柑橘を思わせるさわやかな芳香では右に出るものがありません。今では私たち日本人にもすっかりなじみ深い香りとなりました。

プーアール茶

プーアール茶は烏龍茶と違って後発酵茶であるため、より熟成されてどっしりとした風味が特長です。「陳香(ツンシャン)」と呼ばれる香りは「土の香り」に例えられ、ややクセがありますが、好きな人にとってはこのクセがたまらないお茶です。

杜仲茶

杜仲とは、トチュウ目トチュウ科を構成する唯一の種です。そのため、その香りともとても個性的です。柿の葉に似た硬い葉のお茶には独特の渋みと苦みがあり、香りもその味を思わせるようにほんの少しだけ薬くさい感じもします。けれども、そこにそこはかとない甘味もプラスされた香りを持っています。

黒豆茶

黒豆茶は高温で焙煎されますので、とても香ばしい香りがします。煎れる前の黒豆は少しきな粉のような匂いもしますが、お茶に煎れると、きな粉の香りはなくなります。植物の葉ではなく豆ですので、青くさい匂いが苦手な人にもよいでしょう。

マテ茶

マテチャには大きく分けて2種類あります。ローストしていないグリーンマテ茶は、飲むと緑茶に似たさわやかな香りが口の中にスーッと広がります。ローストマテ茶には香ばしさが加わります。2種類の味の差は大きいので、選ぶ際には注意が必要です。

コーン茶

「焼きとうもろこしを思わせる香り」「コーンポタージュの香り」と、人さまざまに感じ方は違いますが、コーンの風味がしっかりした香りがすることは間違いありません。コーンがもともと持っている甘味を感じさせる香りもします。

ドクダミ茶

漢方では生薬として扱われているぐらいのドクダミ茶ですから、薬くさいという先入観から敬遠する人もいるようです。けれども、品質のよいドクダミ茶には自然な甘い香りを放っているものもありますので、吟味して選ぶとよいでしょう。

ギムネマ茶のはたらき

ユーカリも杜仲と同じく木ですので、好みの分かれる青くさい香りを持っています。好きな人にとっては、とてもさわやかでフレッシュな香りと感じられるようです。

お茶の香りの効果あれこれ

飲んでダイエット効果があり、香りをかぐだけでもさまざまな効果が期待できるお茶。それでは、どんな効果があるのかについてもう少し具体的に見てみましょう。

鎮静効果

前書きでも少しふれましたが、「お茶を飲むと心が落ち着く」とは昔からよく言われることです。実際に緑茶、紅茶、烏龍茶には鎮静効果があることが確認されています。イライラしてつい食べ過ぎてしまうことはダイエットの大敵ですが、そんな大敵からもお茶は私たちを守ってくれそうですね。

リラックス効果

バラの香りには、気分を穏やかにさせリラックスさせてくれる効果があります。フレーバーティーやダイエット用のブレンドティーにはバラの成分が多く含まれたものも多くありますので、バラ入りのお茶を選んでみるのもよいかもしれませんね。

鼻をすっきりさせる効果

ユーカリの香りには、鼻づまりを解消する効果が期待できます。これはユーカリに含まれるシオネールの働きだと考えられています。花粉症で悩んでいる方は試してみてはいかがでしょうか。

お茶の香りに意識を向けてみてください

お茶はまず香りを楽しみ、目で見て色を楽しみ、そして味を楽しみましょう。そんな心のゆとりを持ってお茶をたしなめば、ダイエット効果も一層上がることでしょう。ダイエットティーを飲むときは、まず香りを胸いっぱいに吸い込み、香り成分の効能もぜひ体中に取り入れてくださいね。

参考:香りの分析と香りの効果効能について

ブレンドでバランスよく効果を摂取 おすすめダイエットティー10選 ブレンドでバランスよく効果を摂取 おすすめダイエットティー10選