太ってしまう理由

あなたの太る原因は?~理由を知って正しい対策を立てよう

太ってしまう理由には、様々な原因が挙げられています。肥満を改善していくためには、それぞれの原因にあった対策を取っていかなければ、正しい効果は期待できません。あなたに合ったダイエットをしていくためには、まず、あなたの“太る原因”を知って、その原因に適したダイエット法を選択し、対策を立てていく必要があるのです。

当てはまってる?太る原因とは?

行動編
  1. 運動不足

    運動不足による筋肉の低下が、基礎代謝の衰えを招く

    私たちの体は、筋肉によって動いています。そして、この筋肉を動かすのに必要なのが、食事で摂取しているカロリー(エネルギー)で、この消費量を「基礎代謝」と言います。体の筋肉量が多い人は、その筋肉を動かすためにより多くのエネルギーを必要とするため、基礎代謝量は高くなり、筋肉量の少ない人は、逆に基礎代謝量が低くなります。

    つまり、運動不足によって体の筋肉量が減少すると基礎代謝量が低下するため、食事で摂取したカロリーが消費されにくい、いわゆる痩せにくい体になってしまうのです。

  2. 食べ過ぎ、栄養・カロリー過多の食事

    カロリーの消費が追い付かず、脂肪がからだに蓄積!

    1日に基礎代謝で消費できるカロリーを超えて、食事でカロリーを摂取してしまうと、消費されなかったカロリーは脂肪となり、からだに蓄積されてしまいます。食事量が多いのはもちろんですが、油っこい食べ物など、糖や脂質の多い高カロリーな食事内容が中心の食生活では、体に脂肪が溜まっていってしまうばかり、という状態になってしまいます。

  3. 間食が多い

    気付いたら、あっという間に摂取カロリーが増えている

    朝・昼・晩の3食の他に、間食を摂ってしまうことも太る原因とされています。間食で太ってしまうのは、やはりその摂取カロリーに問題があります。おやつや小腹が空いた時に、スナック菓子など高カロリーなものをたくさん食べてしまえば、1日の摂取カロリーを軽く超えてしまう可能性は大です。

  4. 睡眠不足

    食欲を刺激するホルモンが増加して、食べ過ぎの原因に

    一見するとあまり肥満とは関連がなさそうですが、睡眠不足も太る原因の一つとされています。実は睡眠が不足すると、食欲を刺激するホルモンの増加に繋がる一方、逆に満腹信号であるホルモンは減少してしまうとされています。そうして食べ過ぎを招いてしまうため、太りやすくなると考えられています。

  5. ストレスを食事で発散、ご褒美がスイーツ

    お腹がすいていないのに食べてしまい、ついつい過食気味に

    ストレスが溜まると、過食に走る人は少なくありません。お腹がすくとイライラしやすくなり、空腹を満たすと気分が落ち着く、といった現象がストレス過多の人にも当てはまるのだそうです。「ご褒美がスイーツ」という方は、ストレス発散に食べているケースが多いため、思ったよりも過食となっている危険性があると考えられます。

  6. ながら食事

    満腹中枢が満たされず、気がついたら食べ過ぎてしまう

    テレビを見ながら、新聞を読みながら、スマホをしながらなど、何かをしながら食事をした場合、食事に集中できていないため満腹中枢が刺激されず、気がつけばつい食べ過ぎてしまっている危険性があります。

  7. 早食い、よく噛まないで飲み込んでいる

    脳が満腹を感じる前に食べ過ぎてしまう

    若い世代や、職業上、食事時間が短く早食いとなっている人も少なくありません。早食いの人は、食べ物をよく噛まないで飲み込むように食事している傾向が強いため、脳が満腹と感じる前にかなりの量を食べてしまい、カロリーを過剰摂取してしまう結果になりやすいそうです。

  8. 太っている友人と一緒に行動

    肥満の原因となる行動パターンに合わせてしまう

    太っている友人と一緒に行動すると、その友人の行動パターンに似てきてしまう傾向があるようです。食事内容はもちろん、運動量なども太っている友人に合わせるようになってしまえば、さらなる肥満へ突き進むことになりかねません。

  9. テレビが大好き

    実は運動不足の原因になっている?!テレビっ子は注意

    テレビが大好き、とおっしゃる方の多くは、1日のほとんどを、テレビを視聴することで過ごしているといっても、過言ではないそうです。そのため、ほとんど動く必要がないため、筋力や代謝が低下して、痩せにくい体になってしまいます。

  10. 極端なダイエット、食事を抜くことがある

    空腹状態が続くとからだが余計に栄養分を補充してしまう

    体重を落とすには食事を抜けば良いと考えられるかもしれませんが、あまりに空腹状態が続いてしまうと、体は生命維持を優先しかえって体に栄養分を溜め込もうとします。また、夜に近くなるほど、体の栄養吸収力が高まるため、ダイエットで朝食を抜くといった方法は、逆に太りやすい体を作ってしまいます。

ここにも注意!意外な太る理由

体質編
  1. むくみやすい

    むくみとは、水分や老廃物がからだに溜まっている状態

    体のむくみは、余分な水分が体内に留まることで現れる症状です。本来排出されるべき水分が、体の中に残るわけですから、その分体重も増加してしまいます。体内の塩分量が多くなっていると、体に水分を溜め込みやすいとされています。

  2. 体温が低い

    なんと、体温1℃さがると基礎代謝量が12%も低下!

    一般的に体温が1℃下がると、基礎代謝量は約12%も低下するとされています。ですので、体温の低い人は、カロリーが上手く消費できずに、脂肪が蓄積されてしまう傾向にあります。

  3. 便秘になりやすい

    お腹からのSOSサイン!腸内環境の乱れが代謝の低下を招く

    便秘は、腸内環境が悪く、動きも鈍くなっていることが要因で起こるとされています。内臓の動きが悪くなるということは、その分代謝も低下してしまいます。老廃物の排出も滞るので、便秘には太りやすくなる要素が多く含まれていると考えられています。

  4. 筋肉が落ちている

    知らず知らずのうちに基礎代謝量も落ちています

    運動不足の項目でも触れましたが、筋肉量は代謝と密接に関わっています。運動が不足しているほかにも、加齢によって筋肉は落ちていってしまいます。年齢を重ねていくことで、体の筋肉量が徐々に低下していくと、それに伴って基礎代謝量も低下していきます。そのため、中年以降になると、それまで通りの食事であっても太りやすく、また痩せにくくもなってしまうのです。

  5. 骨格・骨盤のバランスがゆがんでいる

    からだの乱れがあらゆる災難を呼ぶ

    骨格がゆがんでしまうと、体形が崩れ太る原因となってしまいます。特に骨盤がゆがんでしまうと、内臓が下がって下腹がポッコリと出てしまいますし、おしりも大きく平たくなる原因にも。さらに、本来使われる筋肉が正常に動かせなくなりそこに脂肪がたまる原因にも。

    また、内臓は位置が下がりゆがんでしまうと本来の機能を発揮出来なくなります。内臓がしっかりはたらくことができないと代謝機能が低下し、体に余分な脂肪を溜め込みやすくなってしまいます。

    それだけではありません。骨盤のゆがみが背骨のゆがみを呼び、その中を通る神経にも影響を及ぼします。とくに自律神経が乱れると、代謝機能に影響を及ぼしたり、食欲のコントロールが効かなくなったりと大変多くの不調を呼ぶのです。

なかなか”太り癖”が抜けないあなたへ
ダイエットティーがオススメ

ムリせず普段の生活に取り入れやすいダイエットティーのメリット

肥満と生活習慣は切り離せないもの。体質が原因の場合もあるが、その体質を変えるのも生活習慣。とはいっても、なかなか簡単には変えられないですよね?無理のないダイエットの実現に、ダイエットティーを日常に取り入れてみてはいかがでしょう?水分を口にしない人はいないはず。普段の飲み物をダイエットティーに変えるだけで、

・カロリーの高い飲み物と置き換えてカロリーカット
・むくみや便秘にたいしてデトックス効果
・さっぱりした味と豊かな香りで、ついつい食べたくなる間食を抑える
・お茶の成分と温かさが体を温め代謝UPのサポート


そのほかにも、脂肪の吸収を抑えるなど、ダイエットティーによってさまざまな嬉しい効果が期待できます。

ブレンドでバランスよく効果を摂取 おすすめダイエットティー10選 ブレンドでバランスよく効果を摂取 おすすめダイエットティー10選