体脂肪の種類~皮下脂肪と内臓脂肪の違い~

あなたのタイプは皮下脂肪型?それとも内臓脂肪型?

体についてしまう体脂肪には、大きく2つの種類に分類することができます。それが「皮下脂肪」と「内臓脂肪」です。この2つにはハッキリした違いがありますので、解消の方法も異なります。ですので、体脂肪を減らすには、まず自分がどちらのタイプなのかを知って、それに適した解消法を実践していく必要があるのです。

皮下脂肪と内臓脂肪は、全く別もの?!

  1. 皮下脂肪とは?

    一度ついてしまうとなかなか落ちない厄介な脂肪

    皮下脂肪とは、皮膚の下にある皮下組織につく脂肪のことをいいます。特に女性は、女性ホルモンの作用により皮下脂肪がつきやすい傾向にあり、男性よりも皮下脂肪型肥満になりやすいとされています。また、皮下脂肪は分解されにくいという性質があり、一度ついてしまうとなかなか落ちにくいという、実に厄介な特徴を持っています。

  2. 皮下脂肪の見分け方

    下半身太りの方は注意!

    皮下脂肪は“つまめる体脂肪”とも言われるほど、お肉がついた部分が柔らかくたるんだような外見になります。太ももやおしりなど、いわゆる下半身につきやすいという特性から、「洋ナシ型」のシルエットになりやすく、典型的な下半身太りタイプの肥満といえます。

  3. 内臓脂肪とは?

    つきやすいが落としやすい、内臓まわりの脂肪

    内臓脂肪とは、内臓の周りにつく脂肪のことを指します。血行の良い内臓や、栄養の代謝に関係する臓器周辺についてしまう内臓脂肪は、筋肉を動かすエネルギーとして消費される特徴を持っています。ですので、蓄積されるのも早いですが、分解されるのも早く、比較的落としやすい脂肪である、とされています。

  4. 内臓脂肪の見分け方

    お腹のまわりがポッコリしている人は注意!

    内臓脂肪は、文字通り内臓の周りにつく脂肪ですので、外見からつまんだりすることはできない肥満のタイプです。主に腰周りが大きくなりやすく、その外見上のシルエットから「リンゴ型肥満」とも呼ばれていて、メタボリックシンドローム(生活習慣病)の判断基準ともされています。

    しかし、内臓につく脂肪のため、脂肪がついていても外見上からはなかなかわからないのが、この肥満タイプの特徴。そのため「かくれ肥満」ともいわれ、外見上に現れた段階では、かなりの脂肪がついている状態と考えられるのです。また、男性ホルモンには内臓脂肪を蓄積させる働きがあるため、内臓脂肪型肥満は男性に多いとされています。

皮下脂肪と内臓脂肪の落とし方は?

  1. 皮下脂肪の落とし方

    焦らず有酸素運動と無酸素運動の組み合わせで燃焼させる

    皮下脂肪の場合、分解されにくいという性質を持っているため、なかなか減りづらいという厄介な特徴を持っています。しかし、皮膚のすぐしたに存在する脂肪なので、外からの刺激が加えやすいという特性もあり、適度な運動や食事制限の他にも、マッサージなどの血行促進効果も有効な方法となります。

    皮下脂肪の性質上、ダイエットで減少していく速度はゆっくりですので、長期計画で対策を続けていく事が減量成功のカギとなります。また運動としては、ジョギングなどの有酸素運動と、筋トレなどの無酸素運動を組み合わせると、より効果が期待できるそうです。食事としては、カプサイシンなど燃焼系の成分を取り入れることで、体の内側から体温を上げて代謝を活発にしていくことも、皮下脂肪の燃焼に役立つそうです。


    カロリー制限を制限して皮下脂肪を落とす

    皮下脂肪が付く原因として、食事の摂取カロリーオーバーがあげられます。この原因を根本から解決すれば、皮下脂肪を効果的に落とすことができるでしょう。具体的な方法はカロリー制限です。まず、毎日の食事を見直してみましょう。特に、脂質や糖質など、カロリーが多いものを意識して省くことで、効率的にカロリー制限ができます。一食置き換えダイエットも効果的です。普段の食事を酵素や食物繊維を多く含んだ食品に置き換えることで、代謝アップや便通改善など、ダイエット効果が期待できます。ただし、カロリー制限で気を付けたいことが栄養素バランスの乱れです。むやみに制限をして食事量を減らしてしまうと、健康維持のために必要な栄養素を得ることができなくなり、体にさまざまな悪影響が出てしまいます。カロリー制限をして皮下脂肪を落とす場合、全体のカロリー量だけでなく栄養面にも気を遣いましょう。


    有酸素運動は定期的に行おう

    皮下脂肪は燃焼しにくいので、体を動かして落とすには継続的な運動を行う必要があります。毎日続けやすいのが、有酸素運動です。代表的な有酸素運動としては、ウォーキング、ジョギング、水泳、サイクリングがあります。いずれも長時間続けやすいのが特徴で、体への負担も少ないので毎日無理なく続けられる運動です。運動では燃焼し辛い皮下脂肪ですが、一日の運動量が多くなればなるほど落としやすくなります。体に負担が少なく、時間をかけて運動できる有酸素運動は、皮下脂肪を落とすのにおすすめの方法です。ただし、有酸素運動は毎日しっかりと時間を取って行う必要があり、始めてすぐには効果が出てこないので、継続的に行わなければなりません。まとまった時間が取れないという方は、毎日一駅分歩く、エレベーターやエスカレーターは使わないなど、意識して体を動かす時間を作る工夫をしてみましょう。これを毎日続けるだけでも効果が期待できます。


    筋トレもすることで効率的に脂肪の量を減らす

    落ちにくい皮下脂肪を無くすには、体の代謝能力をアップさせる必要があります。有酸素運動にプラスして筋トレを行うことで、より効率的に脂肪を減らせるでしょう。また、筋トレは美しいボディラインを作る効果があるので、体重を減らしながらキレイな体作りをしたい方にはおすすめの方法です。筋トレは、少しきついと感じる程度の運動量にしましょう。継続して行うことが重要なので、無理なメニューをする必要はありません。まずは自分が動ける範囲の筋トレを行い、慣れてきたら運動量を徐々に増やしていきましょう。筋トレをすると脂肪燃焼を促進させるホルモンが分泌され、この状態で有酸素運動を行うと、さらに効果が期待できます。まずは筋トレをしてから有酸素運動を行う、というメニューがおすすめです。手軽にできる筋トレが、スクワット、クランチ、プランク、レッグレイズなど。いずれも特別な道具は必要なく、自分の体だけでできる筋トレなので、すぐに始めることができます。

  2. 内臓脂肪の落とし方

    有酸素運動と食事の見直しが必要

    内臓脂肪は、もともと筋肉を動かすエネルギーとして蓄えられているものですから、運動や食事制限によって比較的スムーズに減らしていくことが可能です。特に、体脂肪を燃焼しやすいとされているウォーキングなどの有酸素運動は、内臓脂肪の減少に有効だそうですので、積極的に取り入れていくのがオススメされています。

    また、炭水化物の摂取を控えるのも、内臓脂肪の減少には有効だそうです。ただし、皮下脂肪には有効ではありませんので、注意してくださいね。


    有酸素運動は内臓脂肪にも効果的

    内臓脂肪は皮下脂肪と比べると、運動で落としやすい特徴があります。このため、皮下脂肪にもおすすめな有酸素運動は、内臓脂肪を減らすのにも効果的です。ただし、内臓脂肪を落とすには毎日継続した運動が必要となります。まずは、無理なく続けられる範囲の運動量を見極め、習慣付けることから始めましょう。有酸素運動にはジョギング、水泳、サイクリングなどさまざまなものがありますが、中でもおすすめの運動方法がウォーキング。毎日の生活に取り入れやすく、誰でもできる運動方法です。目安として、一日30分以上行うようにしましょう。30分以下では思うような効果が期待できません。まずは目標を決めて毎日歩く習慣を身に付けましょう。まとまった時間が取れない場合、10分間のウォーキングを一日三回といった方法でも、ほぼ同じ効果が得られます。重要なのは毎日続けることなので、自分のライフスタイルに合わせた運動方法を見つけましょう。


    食物繊維を積極的に摂取する

    内臓脂肪が増える原因は食べ過ぎによるもの。これを落とすには、食物繊維の摂取が効果的です。体内の余分なものをスムーズに排出する食物繊維は便通改善効果が期待できるため、代表的なダイエット食品としてあげられます。さらに食物繊維は腹持ちが良く、ダイエットの大敵である空腹感の解消に効果的です。最初に食物繊維が多く含まれている食品を食べておくと、その後の食事量を自然と減らせます。また、食物繊維には内臓脂肪の原因となる脂質や糖質の吸収を妨げる働きも。積極的に摂取することで、内臓脂肪を効果的に落とすことができるでしょう。食物繊維が多く含まれている食品としてあげられるのが、海藻、豆類、キノコ類といったものです。これらはいずれも低カロリーなので、摂取カロリーが気になる方でも気軽に取り入れられますね。先述の通り、食物繊維は便通改善にも効果的な健康成分なので、普段の食事にも積極的にプラスするといいでしょう。


    炭水化物を減らして内臓脂肪を減らす

    ダイエットをする方にとって炭水化物は注意したい食品です。その理由が、炭水化物を摂取する際に分泌されるインスリンにあります。インスリンは食事によってあがる血糖値を下げるという重要な働きをしていますが、同時に体内のエネルギー蓄積を行います。このエネルギー蓄積が脂肪のもとになり、内臓脂肪として体内に残ってしまうことに。つまり、炭水化物を多く食べれば食べるほどインスリンが分泌され、体内に内臓脂肪として蓄積されてしまうのです。そのため内臓脂肪を落とすには、炭水化物が含まれている食品を減らす必要があります。炭水化物が含まれている食品としてあげられるのが、白米、パン、麺類です。そのほか菓子類にも多く含まれている場合があります。内臓脂肪を落とすには、一日茶碗二杯程度に抑えるように意識しましょう。しかし気を付けたいのが、炭水化物を全く食べないことによるエネルギー不足です。あくまで摂取量を抑え目にするのが目的なので、量の調節には気を付けるようにしましょう。

知らずに溜め込んでいる内臓脂肪に要注意!

  1. 生活習慣病につながる恐れのある内臓脂肪

    油断しているとあらゆる病気の原因に

    肥満はあまり身体に良い影響を及ぼすものではありませんが、中でも内臓脂肪型肥満の場合は、生活習慣病に直結していると考えられています。内臓脂肪が増加すると、血糖値や血圧の上昇・中性脂肪の増加・血管の損傷といったリスクが高まります。

    つまり、体の血液はドロドロになり、血栓という血の塊ができやすく、血管も老化が進んで硬くなり壊れやすくなる、といった危険性が高くなるということです。

    結果として、糖尿病や高血圧症、脂質異常症、動脈硬化といった、いわゆる生活習慣病と言われる病気になりやすくなってしまい、最悪になると命に関わるケースも出てきてしまうのです。

    一方で内臓脂肪には、筋肉を動かすエネルギーになったり、逆に生活習慣病を防ぐ物質も分泌しているため、全面的に否定するのではなく、必要以上に溜め込まないことが、健康維持には重要となるようです。

  2. ダイエットティーで溜めない習慣作り♪

    無理なく生活に取り入れることができる頼もしいダイエットサポーター

    日常生活にダイエットティーを取り入れることで、運動や食事の改善で得られるダイエット効果をさらにサポートすることができます。脂肪の燃焼効果のあるお茶や脂質・糖質を分解する効果のあるお茶、脂質・糖質の吸収をブロックするお茶、代謝を上げるお茶がおすすめ。

    あたたかいお茶を飲むことで体温が上がり、低体温や冷え性の改善にも。お茶にはリラックス効果もあるのでストレスからくる暴飲暴食を抑えてくれます。

なかなか”太り癖”が抜けないあなたへ
ダイエットティーがオススメ

ムリせず普段の生活に取り入れやすいダイエットティーのメリット

肥満と生活習慣は切り離せないもの。体質が原因の場合もあるが、その体質を変えるのも生活習慣。とはいっても、なかなか簡単には変えられないですよね?無理のないダイエットの実現に、ダイエットティーを日常に取り入れてみてはいかがでしょう?水分を口にしない人はいないはず。普段の飲み物をダイエットティーに変えるだけで、

・カロリーの高い飲み物と置き換えてカロリーカット
・むくみや便秘にたいしてデトックス効果
・さっぱりした味と豊かな香りで、ついつい食べたくなる間食を抑える
・お茶の成分と温かさが体を温め代謝UPのサポート


そのほかにも、脂肪の吸収を抑えるなど、ダイエットティーによってさまざまな嬉しい効果が期待できます。

ブレンドでバランスよく効果を摂取 おすすめダイエットティー10選 ブレンドでバランスよく効果を摂取 おすすめダイエットティー10選