目的別に選ぶ
ダイエット茶の種類と効果

脂肪燃焼やデトックスなど、お茶によって得意分野が違う!

ダイエット茶と呼ばれているお茶には、とても様々な種類があります。ですので、ダイエット茶を試したいと思っても、たくさんある中から何を選んだら良いか迷っている方は少なくないでしょう。そこでここでは、自分の目的に合ったお茶を選ぶために、ダイエット茶の種類とその効果について、ご紹介していきたいと思います。

ダイエットティーによって得意分野は違います

脂肪燃焼効果が期待できるダイエットティー

中国茶

昔から話題になっているのは、油っこい中華料理を常食している中国の女性がスリムなプロポーションを保つ秘訣です。今では誰でも知っていることですが、烏龍茶やプーアル茶の高い脂肪燃焼効果がその理由の1つであることは言うまでもありません。

緑茶

中国茶だけではありません。意外かもしれませんが、緑茶にも脂肪燃焼効果があります。食事どきや食後には、慣れ親しんだ緑茶も積極的にどんどん飲みましょう。

その他のお茶

たんぽぽ茶、サラシア茶、ドクダミ茶などのお茶にも、脂肪燃焼効果は大いに期待できます。毎日飲むとなるとお値段も気になる点ですし、他の効果とも組み合わせて選ぶとよいでしょう。

デトックス効果が期待できるダイエットティー

デトックスティーは効果抜群

デトックス効果が期待できるダイエットティーには、さまざまなものがあります。便秘解消や宿便排出をうたったブレンドティーもたくさん出ており、確かに大変な効果があります。ただ、注意すべきなのは、もともとそれほど便秘に悩まされていない人が強力な効き目のあるお茶を飲むと、少量でも下痢を引き起こす場合があることです。「夜飲めば朝スッキリ」するはずのデトックスティーが効き過ぎて、夜中に何度もトイレ通いをすることになってしまったという話も聞きます。飲む量とタイミングには、注意が必要ですね。

毎日少しずつ体質改善

便秘に悩んでいる人もそうでない人も、強力なものを連用するよりも、効き目の穏やかなものを長期間続けて徐々に体質改善を図っていく方が体には優しいと言えます。日常的に気軽に飲めてデトックス効果を持つお茶には、烏龍茶、ドクダミ茶、黒豆茶、コーン茶などがあります。また、少々味にクセはありますが、ユーカリ茶、マテ茶などもデトックス効果が期待できるお茶です。

糖質吸収抑制効果が期待できるダイエットティー

摂取してしまった糖質を「食べなかったことに!」できる期待を持てるお茶には、次のようなものがあります。プーアル茶、サラシア茶、ギムネマ茶、マテ茶、黒豆茶、コーン茶などです。「ジュースと甘いお菓子を一緒に」というのはやめて、お菓子にはぜひこれらのダイエットティーを合わせてくださいね。

自分の体質を知る

ダイエットティーにも、それぞれに得意な分野があります。大切なことは、自分の体質を知るということです。糖質の摂取により肥満しやすい人、脂質の摂取により肥満しやすい人、老廃物を体にため込みやすく、その結果肥満しやすい人と、さまざまなタイプがあります。自分の体質を正しく知り、自分に合ったダイエットティーを選べば目的達成の早道となるでしょう。最近では、遺伝子検査によって自分に合ったダイエット方法を知ることのできるサービスなどもありますので、そういったもので自分に最適なお茶を探してみるのもいいかもしれません。

注意点について

ブレンドティーの注意点

例えばギムネマ茶はカフェインレスですが、ギムネマ100%のお茶にはクセがあり、ちょっと飲みにくいものです。そのため、ギムネマ茶は他のお茶とブレンドされた商品が多いのです。このとき注意していただきたい点は、商品名です。他のお茶とブレンドされている場合でも、商品名は単に「ギムネマ茶」となっている場合が時々見受けられます。ノンカフェインのダイエットティーを探していて「ギムネマ茶」とあったから大丈夫だと思ったのに、実はカフェインが含まれていたということもあり得ます。原材料表示の欄を確認するか、心配ならメーカーに直接問い合わせてみましょう。

妊産婦さんへの注意点

カフェインは健康な人が適量を摂取する場合は特に問題ありませんが、妊婦さん、また授乳中の女性には避けていただきたいものです。妊娠中の急激な体重の増加を防ぐため、また産後太りを解消するためにもダイエットティーを飲むことはよいことですが、第一にカフェインレスのものを選ぶよう気をつけてくださいね。

さまざまなダイエットティーの特性を知り、自分にぴったりなものを見つけて憧れのプロポーションを手に入れてくださいね!

  • 杜仲茶

    杜仲茶

    高血糖や高血圧の予防に効果が期待できる

    杜仲茶には、血液をサラサラにする効果があるとされていて、高血圧や高血糖の予防や、コレステロールの減少に良い働きをするとされ、ダイエットティーとしても良く活用されています。このページでは、「杜仲茶」とはどんなダイエット茶なのかについて、含まれている成分や期待される効能、口コミ評価などをご紹介していきます。

    詳しく見る

  • ルイボスティー

    ルイボスティー

    細胞の老化を抑えて代謝を促進する

    ミネラル分豊富なルイボスティーには、強力な抗酸化作用で老化の素・活性酸素を除去する効果があるため、アンチエイジングに効果的とされています。このページでは、そんな「ルイボスティー」とはどんなダイエット茶なのかを知るために、含まれている成分や期待される効能、体験者の口コミ評価などをご紹介していきます。

    詳しく見る

  • たんぽぽ茶

    たんぽぽ茶

    産後太りなど妊婦の悩みを解消する

    古くから民間療法に取り入れられていたたんぽぽ茶は、糖質の吸収を抑え脂肪を燃焼させる効果があり、産後太りの改善にも適しているとされています。このページでは、「たんぽぽ茶」とはどんなダイエット茶なのかを知るために、お茶に含まれている成分や期待される効能、体験者の口コミ評価などをご紹介していきます。

    詳しく見る

  • 烏龍茶

    烏龍茶

    脂肪の吸収を抑制する働きのある

    烏龍茶はとても広く知られているダイエット茶の一つで、脂肪の吸収を抑制する働きがあることが指摘されています。飲みやすいこともあり様々な商品が販売されている「烏龍茶」について、このページではお茶に含まれている成分やそれによって期待される効能、口コミ評価などで、どのようなダイエット茶なのかをご紹介します。

    詳しく見る

  • プーアル茶

    プーアル茶

    脂肪の燃焼と抑制・Wの効果がある

    茶葉を発酵させることで作られるプーアル茶は、脂肪を分解し余分な脂肪を排出する効果があるとされ、ダイエット効果の高いお茶とされています。
    このページでは、「プーアル茶」がどういったダイエット茶なのかを知るために、含まれている成分や期待される効能、体験者の口コミ評価などをご紹介していきます。

    詳しく見る

  • サラシア茶

    サラシア茶

    糖の吸収を抑えて血糖値を下げる

    アーユルヴェーダ(インド伝統医学)の健康茶であるサラシア茶は、炭水化物の分解を抑制し、糖の吸収を抑え血糖値を下げる効果があるとされています。このページでは、「サラシア茶」とはどんなダイエット茶なのかを知るために、含まれている成分や期待される効能、実際に体験された方の口コミ評価などをご紹介していきます。

    詳しく見る

  • 緑茶

    緑茶

    脂肪燃焼と排出に効果が期待される

    私たちにもなじみ深い緑茶には、実は脂肪を体外に排出する作用と、脂肪燃焼を促進する効果が期待できることが指摘されています。そこでこのページでは、「緑茶」がなぜダイエット茶として注目されているのかを、含まれている成分や、それによって期待される効能、口コミ評価などをご紹介しながら探っていきます。

    詳しく見る

  • ドクダミ茶

    ドクダミ茶

    利尿作用が高くむくみ改善に効果的

    漢方で10の薬効がある「十薬」と呼ばれる「ドクダミ茶」は、血液をサラサラにするとともに利尿作用もあり、むくみの改善などに適しているお茶とされています。このページでは、「ドクダミ茶」とはどんなダイエット茶なのかを知るために、お茶に含まれている成分や期待される効能、体験者の口コミ評価などをご紹介していきます。

    詳しく見る

  • ギムネマ茶

    ギムネマ茶

    糖の吸収を抑制し肥満や糖尿病を予防する

    インド原産の「ギムネマ茶」は、現地の言葉で「糖を壊すもの」と言われるほど、糖の吸収を抑制する効果に優れているとされ、糖尿病や肥満の予防に効果的とされています。このページでは、「ギムネマ茶」がどんなダイエット茶なのかを知るために、含まれる成分や期待される効能、口コミ評価などをご紹介していきます。

    詳しく見る

  • ユーカリ茶

    ユーカリ茶

    優れた抗酸化作用とデトックス効果

    オーストラリアの先住民・アボリジニが万能薬として利用していた「ユーカリ」の葉で作られたユーカリ茶には、優れた抗酸化作用とデトックス効果があるとされています。このページでは、「ユーカリ茶」とはどんなダイエット茶なのかを知るために、お茶に含まれる成分や期待される効能、口コミ評価などをご紹介していきます。

    詳しく見る

  • 月見草茶

    月見草茶

    代謝を促進しコレステロールを減少させる

    古くは北米のネイティブアメリカンが万能薬として利用していた「月見草」から作られた月見草茶は、免疫力・代謝を促進してコレステロールを減少させる作用があるとされています。このページでは、「月見草茶」とはどんなダイエット茶なのかについて、含まれている成分や期待される効能、口コミ評価をご紹介していきます。

    詳しく見る

  • マテ茶

    マテ茶

    タンパク質の吸収を助ける"飲むサラダ"

    コーヒー・紅茶と並び、世界三大飲料とされるマテ茶は、栄養分が豊富で"飲むサラダ"とも呼ばれています。タンパク質の吸収を助け、代謝を促す効果があるとされる「マテ茶」について、このページでは含まれている成分や期待される効能、口コミ評価を見ることで、どんなダイエット茶なのかをご紹介していきます。

    詳しく見る

  • ノニ茶

    ノニ茶

    栄養豊富で基礎代謝を
    アップさせる

    ノニ茶の原料であるノニには、140種類以上もの豊富な栄養素がバランス良く含まれていて、糖尿病など様々な疾病の改善や予防に効果があるとされています。このページでは、「ノニ茶」がどのようなダイエット茶なのかを知るために、お茶に含まれている成分や期待される効能、体験者の口コミ評価などをご紹介していきます。

    詳しく見る

  • 黒豆茶

    黒豆茶

    糖と脂肪の吸収を
    ダブルブロックしてくれる

    古くから日本や中国などで薬としても利用されてきた「黒豆」を原料とした「黒豆茶」には、糖と脂肪の吸収をダブルブロックしてくれる効果があるとされています。このページでは、「黒豆茶」とはどのようなダイエット茶なのかを知るために、お茶に含まれている成分やそれにより期待される効能、口コミ評価などをご紹介していきます。

    詳しく見る

  • コーン茶

    コーン茶

    豊富な食物繊維でむくみや便秘を解消してくれる

    炒ったトウモロコシのみをお茶にした「コーン茶」は、鉄分や食物繊維を豊富に含んでおり、むくみや便秘の解消に高い効果を発揮するとされています。このページでは、「コーン茶」とはどのようなダイエット茶なのかを知るために、お茶に含まれている成分やそれにより期待される効能、体験者の口コミ評価などをご紹介していきます。

    詳しく見る

  • オオバコ茶

    利尿作用や血液への働きが期待できる雑草のお茶

    世界中に分布するオオバコは各地で利用されています。とくに中国医学では生薬としても使われて親しまれています。

    主な成分の働きは、タンニンの抗酸化力、アウクビンの利尿作用、コリンフラボノイドの血流効果、プランタサンの炎症への働き、プランタマジョンドの血管への働きがあります。

    詳しく見る

  • ソバ茶

    おそば屋さんで馴染み深い
    美味しいお茶

    ソバアレルギーを持っている方は飲めませんのでご注意ください。血液サラサラ効果が有名なお茶です。主な成分の働きは、ビタミンPとも呼ばれる、ソバの代表的な成分ルチン。ルチンは抗酸化力が有名です。また、ビタミンB1の疲労回復、ビタミンEの新陳代謝の活性化、ケセルチンの抗酸化力といった働きがあります。

    詳しく見る

  • はとむぎ茶

    健康食品でもおなじみですが、美肌にも期待

    ダイエット食品としてよく利用されているはとむぎは、お茶にしてもその力を発揮します。主な成分の働きは、食物繊維の腸内環境への働き、ビタミンB1・B2の疲労への働き、マグネシウムなどミネラルの身体を作るものになる働き、チロシンのストレスへの働き、バリンやロイシンの筋肉への働きなどダイエットを助けてくれる成分が豊富に含まれています。

    詳しく見る

  • びわの葉茶

    美肌やダイエット目的で飲まれる人気のお茶

    様々な病気への働きが研究されているびわの葉をそのままお茶にしたものです。味は比較的飲みやすいお茶です。主な成分の働きは、タンニンの抗酸化力と肌の引き締めへの働き。この働きが美容目的で活用されることもあります。また、サポニンの肥満への働き、クエン酸の疲労や代謝への働き、ブドウ糖の疲労への働きといったものがあります。

    詳しく見る

  • よもぎ茶

    ハーブの女王とも呼ばれる
    よもぎのお茶

    お灸やお餅など古くから身近で利用されてきたよもぎですが、健康茶としても利用することができます。主な成分の働きは、鉄分の貧血への働き、クロロフィルのコレステロールなどへの働き、β‐カロテンの抗酸化力、食物繊維の腸内環境への働き、ビタミンAの皮膚への働き、カリウムなどミネラルのむくみなどへの働きがあります。

    詳しく見る

  • 桑の葉茶

    カイコが食べる葉っぱには豊富な栄養素が含まれています

    桑の実はマルベリーとも呼ばれ食品として流通していますが、葉を健康茶に利用することもできます。主な成分の働きは、まず代表的なものは桑の葉特有の成分デオキシノジリマイシン。糖の排出が研究されています。γアミノ酪酸(GABA)の塩分排出の働き、食物繊維の腸内環境への働き、ビタミンEの抗酸化力、カルシウムのストレスへの働きがあります。

    詳しく見る

  • 熊笹茶

    近年健康食品の原料として注目されているパンダの主食

    60年以上も生き続ける強い生命力をもった熊笹は、日本でも古くから生薬として親しまれています。漢方でも竹葉などの原料にも使われます。主な成分の働きは、葉緑素(クロロフィル)の細胞の活力への働き、熊笹の特有成分バンフォリンの免疫への働き、リグニンの腸内環境への働き、ビタミンB群の代謝への働き、ビタミンCの抗酸化力などがあります。

    詳しく見る

  • 柿の葉茶

    医者いらずとも呼ばれる
    柿の葉のお茶

    柿はヘタが漢方にも使われ、葉も柿渋として民間療法などでも利用されています。

    主な成分と働きは、フラボノイドの抗酸化力、またビタミンCを豊富に含んでいますが、柿のビタミンCはプロビタミンCなので熱に強くお茶にしても壊れません。

    ビタミンCは免疫力や肌への働きがあります。

    詳しく見る

  • まいたけ茶

    食べるだけじゃない美容と健康のためのお茶

    まいたけ茶は、メディアでも取り上げられるほど有名なダイエットティーの一つです。特徴は、MXフラクションとキノコキトサンが脂肪の吸収を抑えつつ分解を促進してくれること。食物繊維も豊富なので便秘解消に役立ち、老廃物を溜め込まない体を作るには欠かせないお茶です。また、MDフラクションという成分には、免疫力を高め健康的な体へ導く作用も。同時に、老化防止も期待できます。

    詳しく見る

  • オクラ茶

    高血糖を予防しながらお通じも良くしてくれる

    オクラがダイエットに向いている理由は、豊富に含まれている食物繊維にあります。キャベツのおよそ2.5倍とされる食物繊維が、腸の動きを活発にしてくれるため毎日のスッキリをサポート。老廃物を外に排出する手助けをしてくれます。また、食物繊維は糖の吸収を抑えて排出を促すので、結果、血糖値の上昇がゆるやかに。高血糖抑制にもつながるので、ダイエット中の体作りにはぜひ取り入れたいお茶です。

    詳しく見る

  • こんぶ茶

    腸内環境を整え、肌つやも良くする

    こんぶ茶は、優しい味わいと豊富な栄養素で人気のお茶です。食物繊維がたくさん摂れるため、お通じ改善やコレステロール値を下げる作用が期待できます。また、ビタミンやミネラルのおかげで、女性には嬉しい美肌効果も。飲むだけで、体の中と外を同時に美しくできるのが、ダイエット向きである理由と言えます。また、お茶としてではなく、料理の決め手としても大活躍。余らせることなく使い切れる経済面の良さも、愛されるポイントです。

    詳しく見る

  • ゴボウ茶

    便秘解消と善玉菌を増やす働きで腸内環境を改善

    日本では古くからゴボウを食用として栽培してきました。ゴボウは土臭さが特徴ですが、その独特な香りが日本人に好まれています。ゴボウに多く含まれている食物繊維は、便の容積を増やしスムーズな排便を促す成分です。また、腸内のビフィズス菌の餌にもなるので、善玉菌を増やし腸内環境を整える効果も。ゴボウ茶の効果とダイエットとの関係についてご紹介していきます。

    詳しく見る

ダイエット茶の効果を種類別に比較

ダイエットを目的としたお茶には実にたくさんの種類があります。一言でダイエット茶といっても、種類が違えばその効能も異なるはず。そこで、いろいろなダイエット茶の種類やその効果をまとめてみました。

杜仲茶 抗酸化作用・中性脂肪の減少・新陳代謝促進・血行促進・高血圧改善・利尿作用・血糖値上昇抑制・コレステロール減少・(ノンカフェイン)
ルイボスティー 抗酸化作用・代謝機能の向上・血行促進・(ノンカフェイン)
たんぽぽ茶 抗酸化作用・高血圧改善・脂肪吸収抑制、燃焼・血糖値上昇抑制・整腸作用・母乳分泌促進・(ノンカフェイン)
プーアル茶 抗酸化作用・高血圧改善・脂肪吸収抑制、燃焼・糖の吸収抑制・コレステロール減少・整腸作用
サラシア茶 抗酸化作用・糖の吸収を抑制・脂肪吸収抑制、燃焼・血糖値上昇抑制・整腸作用・(ノンカフェイン)
ウーロン茶 中性脂肪上昇抑制作用・デトックス作用・脂肪吸収抑制、燃焼・血行促進・抗酸化作用・高血圧改善・利尿作用・血糖値上昇抑制
緑茶 高血圧改善・脂肪吸収抑制、燃焼・新陳代謝促進・抗酸化作用・利尿作用
ドクダミ茶 利尿作用・脂肪吸収抑制、燃焼・デトックス・新陳代謝促進・血行促進・高血圧改善・利尿作用・脂質代謝向上・コレステロール減少・整腸作用・(ノンカフェイン)
ギムネマ茶 糖の吸収を抑制・整腸作用・(ノンカフェイン)
ユーカリ茶 抗酸化作用・デトックス・(ノンカフェイン)
月見草茶 血糖値上昇抑制作用・新陳代謝促進・血行促進・高血圧改善・(ノンカフェイン)
マテ茶 糖質消化吸収阻害作用・血糖値上昇抑制作用・デトックス・新陳代謝促進・利尿作用・コレステロール減少
ノニ茶 高血圧改善・血行促進・血糖値上昇抑制・整腸作用・(ノンカフェイン)
黒豆茶 抗酸化作用・利尿作用・デトックス・糖の吸収抑制・新陳代謝促進・血行促進・脂質代謝向上・コレステロール減少・整腸作用・(ノンカフェイン)
コーン茶 脂質代謝向上・デトックス・糖の吸収抑制・中性脂肪の上昇抑制・高血圧改善・利尿作用・コレステロール減少・整腸作用・(ノンカフェイン)
まいたけ茶 整腸作用・デトックス作用・脂肪吸収抑制・免疫力向上・高血圧改善・老化防止・(ノンカフェイン)
オクラ茶 高血糖改善・血糖値上昇抑制・整腸作用・免疫力向上・(ノンカフェイン)
こんぶ茶 糖の吸収を抑制・コレステロール減少・整腸作用・過食防止・新陳代謝促進・ストレス緩和・疲労回復
ゴボウ茶 便秘解消・若返り効果・むくみ改善・冷え性緩和・美肌効果・殺菌作用・抗がん作用・コレステロール抑制

お茶ごとにダイエットへの効果を紹介

杜仲茶のはたらき

杜仲茶は、以前から健康茶としていろいろなメーカーが販売しており、一時はかなりのブームとなったのを覚えている人も多いのではないでしょうか。杜仲茶には中性脂肪の減少を促す働きがあるほか、高い抗酸化作用もあるといわれています。

抗酸化作用において近年特に注目されていて、マウスやラットを用いた実験では、体内の活性酸素の生成を抑制する効果があるという結果が出ています。

ルイボスティーのはたらき

ルイボスティーはノンカフェインで飲みやすく、体の免疫を高めたり、デトックス効果によってダイエットの手助けをしてくれたりと、人気があるダイエット茶です。

高い抗酸化作用があることでも知られ、実際にラットを用いて行われた実験では、活性酸素を抑制する効果があるという結果が出ました。ルイボスティーはアフリカなど、気温が高く雨の少ない地域で生息している植物です。紫外線を多く浴びる環境で育っていることから、酸化を防ぐ作用が高いのではないかと考えられています。

たんぽぽ茶のはたらき

たんぽぽ茶は、たんぽぽの根を焙煎して作るお茶で、ノンカフェインなことからコーヒーの代用品として飲まれることもあります。特に妊娠中の女性がコーヒー代わりに飲むことが多いようです。

ポリフェノールを豊富に含み、活性酸素を除去する抗酸化作用が期待できるほか、高血圧の改善効果もあるといわれています。

プーアル茶のはたらき

プーアル茶もダイエット茶として知られ、高カロリーの食事を提供するお店では、プーアル茶を無料で飲めるところも多いです。

プーアル茶はポリフェノールの含有量がとても多く、抗酸化作用や高血圧の改善効果などが期待できます。一部では脂肪燃焼効果が期待できるという説もあるようです。ダイエット目的の人におすすめのお茶だといえそうです。

サラシア茶のはたらき

サラシア茶はインドやスリランカなどで生息している植物で作ったお茶で、アーユルヴェーダにも用いられ、現地では糖尿病の薬として用いられてきました。糖の消化を抑える作用があるといわれています。

また、サラシアも高い抗酸化作用が期待でき、実験で活性酸素を消去する「DPPHラジカル」の量を測定したところ、高い数値が見られたそうです。糖の消化を抑える作用については、たんぽぽ茶とプーアル茶、サラシア茶で計測したところ、サラシア茶が最も多いという結果が出ています。

ウーロン茶

ウーロン茶は、高脂質の食事を摂るときに一緒に飲むと、脂肪を吸収しにくくするとしてダイエット目的に飲んでいる人が多いです。味も人気で手軽に購入できることから、健康茶の代名詞として昔から人気があります。

ウーロン茶には、脂肪の吸収を抑制する「リパーゼ阻害作用」が期待できるほか、中性脂肪の増加を抑制する効果も期待されています。さらに、摂取した脂肪を便として排出する作用があることから、高脂質の食事を摂る際にウーロン茶を飲むのは、正しいといえるでしょう。ウーロン茶は自動販売機などで手軽に購入できるのも魅力ですね。

緑茶のはたらき

緑茶はカテキンを豊富に含み、脂肪の吸収を抑えたり、抗酸化作用があるといわれています。日本で最もなじみ深い緑茶は、海外のセレブリティも健康茶として飲むほど信頼されているお茶です。

緑茶には高血圧を改善する効果があるともいわれています。実際に行われた実験では、高血圧だった人が緑茶を摂取している間に血圧が下がり、摂取をやめたらまた血圧が上がってしまったというデータがあるほど。健康茶として高い効果が立証されています。

ドクダミ茶のはたらき

ドクダミ茶も、古くから健康茶として親しまれています。ダイエット茶としても有名で、その理由として高い「利尿作用」が挙げられます。実際に行われた実験では、ドクダミ茶を摂取したことによって利尿作用が働き、尿の回数が増えたという結果もあるようです。

利尿作用が増えるということは、老廃物などが体外に排出されやすくなるので、ダイエット効果も期待できそうです。 ギムネマ茶のはたらき

ギムネマは、糖の吸収を抑える効果があるとして、ダイエット目的のサプリメントなどもいろいろなメーカーが販売しています。ギムネマ茶も糖の吸収を抑える効果があるといわれており、糖尿病の予防や改善効果が期待されています。

ラットを用いて実際に行われた実験では、糖の吸収を抑えるα-グルコシダーゼ阻害作用が見られたことが報告されています。ただし、ギムネマ茶の商品によっては効果がごくわずかだったり、ほとんど効果が見られなかったものもあるようですので、より質の高い商品を選ぶことが大切です。

ユーカリ茶のはたらき

ユーカリはエッセンシャルオイルなどにも使われている植物です。お茶に加工されたユーカリ茶は、高い抗酸化作用があるといわれています。

実際に行われた実験でも抗酸化作用が認められ、光合成を行う植物には、天然の抗酸化作用を持っているのだろうと考えられています。

月見草茶のはたらき

月見草茶には、血糖値の上昇を抑える効果が期待されています。月見草にいくつかの加工をしたうえで成分を計測する実験を行ったところ、月見草に含まれるポリフェノールの中に、グルコシダーゼ阻害活性が測定されたそうです。

また、ラットに月見草エキスを投与する実験を行ったところ、やはり血糖値の上昇を抑える効果が確認されました。糖を摂取する機会が多い人や、ダイエット目的に月見草茶は良い効果が期待できそうです。

マテ茶のはたらき

近年は高脂質の食事を摂取する生活に偏りがちな人が増えているので、お茶などによって糖や脂質の吸収を抑えることができればとても助かりますね。マテ茶には糖や脂質の吸収を抑える効果があるといわれていて、ダイエット茶として飲んでいる人が多いです。

ラットを用いてその効果について実験を行ったところ、糖の吸収を抑えるマルターゼ阻害活性作用が認められたほか、血糖値上昇抑制作用も確認されました。食事と一緒に毎日こまめに摂取することで、ダイエット効果が期待できそうです。

ノニ茶のはたらき

ノニ茶は美容と健康の幅広い面でお手伝いをしてくれるといわれ、お茶だけでなく果汁をジュースにした商品も販売されています。

実際に行われた実験で、効果が立証できているものとしては「高血圧改善効果」が挙げられます。さまざまなノニで実験を行ったところ、産地などによってその高血圧を改善する「ACE阻害活性」の測定値が異なったようです。品質の良い商品を選ぶことが大切だといえます。

黒豆茶のはたらき

黒豆は食用として食べられているほか、漢方薬に用いられるなど幅広い用途で使用されています。漢方としては、風邪の予防と改善やデトックス効果、利用効果などの効果が挙げられます。黒豆茶はそのほかにも豊富に含まれるポリフェノールによって、高い抗酸化作用が期待できます。

ほかにも黒豆のポリフェノールは糖代謝異常の改善をサポートする効果があるともいわれており、ダイエット目的の摂取も有効だといえそうです。そのほか、黒豆に含まれる「ピニトール」は、脂肪肝や肝硬変など、肝障害の予防と改善にも効果があるとされています。

コーン茶のはたらき

独特の風味が飲みやすく、子どもでもおいしくいただけるコーン茶には、脂質代謝を促すダイエット効果が期待できるそうです。

ラットを用いた実験では、血清脂質量が低下し、肝臓中のコレステロール値が低くなったという結果が見られました。脂肪の代謝を高めたい人は、コーン茶を日常的に摂取するとよさそうですね。

まいたけ茶のはたらき

まいたけ特有の成分であるMXフラクション、そして水溶性食物繊維は、文字どおり水に溶ける性質を持っています。そのため、溶けた成分を丸ごと吸収するには食べるよりも飲むほうが効果的です。まいたけ茶を食事のお供にすれば、脂肪の吸収を抑制でき、分解促進まで期待できます。飲んだ後すぐにお通じが来たという声もあがっているので、デトックス作用はかなり大きいでしょう。

オクラ茶のはたらき

オクラ茶は生のオクラを水出ししたり、粉末状のパウダータイプを使ったりして飲むことができます。食物繊維を十分活かしてお通じ改善を図りたい場合は、決してお湯を入れてホットティーにしないでください。食物繊維は熱に弱いため、アイスで飲むほうが効果を実感しやすくなります。クセのない味わいで、血糖値を下げる作用も期待できるでしょう。

こんぶ茶のはたらき

こんぶは、その1/3が食物繊維でできており、フコイダンやアルギン酸などの水溶性食物繊維がメイン。お通じを良くするのはもちろんのこと、糖や脂質の吸収を抑制し、コレステロールの減少が見込めます。また、こんぶは栄養の宝庫とも呼ばれ、ミネラルやビタミンなどの栄養素が豊富。これらは肌や髪の毛をキレイにしてくれるので、美容にも効果大です。

ゴボウ茶のはたらき

ゴボウは食物繊維の宝庫ともいえる栄養食材。ゴボウのエキスで作られたゴボウ茶は、健康茶としての認知度も高まってきました。便秘解消に効果があることはもちろん、ゴボウの皮に含まれるサポニンは酸化を抑制する働きがあるため、老化を防止し若返り効果も期待できます。また、むくみを解消するイヌリンも含まれ、女性にとっては健康と美のための強い味方となるでしょう。

ブレンドでバランスよく効果を摂取 おすすめダイエットティー10選 ブレンドでバランスよく効果を摂取 おすすめダイエットティー10選