たんぽぽ茶の飲み方とは

アレンジレシピや食べ合わせで効果&おいしさアップ

たんぽぽ茶の効果をより高められる正しい飲み方をチェックしてみましょう。適量と基本的な飲み方から、おいしく飲めるアレンジまで、たんぽぽ茶の飲み方に関するさまざまな情報を紹介します。

たんぽぽ茶の効果的な飲み方

たんぽぽ茶の摂取量の目安は?

まず基本として、たんぽぽ茶の目安となる摂取量は決まっていないことを押さえておきましょう。たんぽぽ茶は薬ではなくお茶なので、基本的には量の制限はなく、いくら飲んでも良いものです。もちろん、人間の腎臓の限界を超える15リットル以上飲めば逆効果ですが、1リットル、2リットルなど普通に飲んでいる分には、いくら飲んでも問題はありません。

たんぽぽ茶の基本の飲み方

たんぽぽ茶の飲み方に特に決まりはありません。自由に飲んでも大丈夫ですが、飲みすぎて体を冷やしたり、腎臓に負担がかかって尿の回数が増えたりといったこともあります。一日に10杯以上飲んでいるという人もいるようですが、まず、飲み始めは一日2~3杯程度から始めてみましょう。また、常温以上の温かいお茶として飲むと体を温めますし、一気飲みを防いで量をコントロールしやすくなります。また、こまめに何度も飲むことは、必要な水分量を確保しつつ、体を冷えにくくする飲み方です。

より効果的に飲むには

たんぽぽ茶には、妊婦さんの健康と母乳に良い栄養素や、女性にうれしい成分などがたくさん含まれています。特に鉄分不足が気になる人は、ビタミンB群やミネラル豊富な食事と一緒にたんぽぽ茶を飲むことで、より効率的な鉄分補給ができるでしょう。鉄分は必要量を摂取しても、食べ方や飲み方によっては吸収しにくいことも。鉄分補給に必要な栄養素を補って上手に摂取しましょう。

飲み方のアレンジ

はちみつや黒糖と一緒に

たんぽぽ茶に甘さをプラスする飲み方です。はちみつは相性が良く、自然の甘みによっておいしさの相乗効果が期待できます。ほんのり甘さを感じる程度の量を調節して、たんぽぽ茶に入れて飲みます。

豆乳と一緒に

たんぽぽ茶に豆乳を入れるとラテのような味わいに。低カロリーであるだけでなく、豆乳に含まれるイソフラボンの働きでダイエットにもぴったりです。たんぽぽ茶を淹れたら、そこに好みの量の豆乳を入れます。豆乳にはビタミンB群も豊富です。

ブレンドでバランスよく効果を摂取 おすすめダイエットティー10選 ブレンドでバランスよく効果を摂取 おすすめダイエットティー10選