たんぽぽ茶の副作用と予防法をチェック

副作用のリスクが低く、体に優しいので安心

たんぽぽ茶の副作用と予防法について紹介します。たんぽぽ茶を飲む際に注意が必要な人の条件もチェックして、安全に飲めるかどうか、たんぽぽ茶との相性も見ておきましょう。

たんぽぽ茶の副作用とは

副作用がないため誰でも安心して飲める

基本的には、たんぽぽ茶には副作用がありません。あえて言うならば利尿作用と摂取した水分のおかげでトイレの回数が増えるくらいのものです。たんぽぽ茶はノンカフェインで安全性が高く、優しいお茶なので、妊娠中や授乳中の女性でも安心して水分補給に使えます。美容や健康効果も期待できますよ。

低血圧の人は要注意

たんぽぽ茶は、基本的に健康な人であれば誰でも飲める、安全性の高いお茶と言えます。しかし、その人の体質、健康状態によっては副作用のような症状が起こる恐れがあるようです。注意したいのは、低血圧の人。たんぽぽ茶の飲みすぎによって、血圧が下がりすぎることがあります。これはたんぽぽ茶が持つ毛細血管を広げる性質のせいです。高血圧予防には良いのですが、反対に低い人には注意が必要となります。

菊アレルギーの人は要注意

副作用が起こるリスクは少ないたんぽぽ茶ですが、体質によってはアレルギー症状が出ることがあります。たんぽぽはキク科の植物なので、特にキクアレルギーを持っている人は注意が必要です。キクアレルギーの人は、たんぽぽ茶を飲むことで、アレルギー反応が起こる可能性もあるため、飲むのを避けた方が良いでしょう。

体を冷やすこともある

たんぽぽ茶は体に優しいお茶ですが、アイスにして飲むと体が冷えてしまうことがあります。たんぽぽ茶は温かいままでも冷やしてもおいしく飲めるお茶です。ただし、冷やすとぐびぐび飲めて、つい飲みすぎてしまう恐れもありますし、それによって尿が増える恐れもあります。特に夏場のように冷たいものが欲しい季節には注意が必要です。

副作用を予防する工夫

ホットで少量ずつ飲む

たんぽぽ茶を副作用なしに安心して飲むためには、基本的にホットで飲むのがおすすめです。ホットならば早飲みを防いで一度に飲む量を抑えられ、体も温められます。体の冷えや尿の回数の増加が気になる場合には、温かいたんぽぽ茶をゆっくり時間をかけて飲みましょう。一回あたりの量も減らし、こまめに何度も飲みます。

低血圧の人は量を控えめに

低血圧の人には、たんぽぽ茶の血圧を下げる性質が悪影響を与える可能性はありますが、全く飲んではいけないわけではありません。低血圧の人がたんぽぽ茶を飲むときには、飲みすぎないようにすると良いでしょう。体質によって合わないこともあるので、たんぽぽ茶との相性が気になる場合には、医師に相談してから始めると安心です。

ブレンドでバランスよく効果を摂取 おすすめダイエットティー10選 ブレンドでバランスよく効果を摂取 おすすめダイエットティー10選