たんぽぽ茶の味はおいしい?まずい?

おいしいお茶とまずいお茶が両極端

たんぽぽ茶の味は、「コーヒーみたいでおいしい」「泥のような苦味がある」など、人によっていろいろと評価がわかれます。商品によって飲みやすさが変わるようですが、本来はどんな味がするのか、おいしいお茶とまずいお茶の違いはどうなのか、詳しく見ていきましょう。

たんぽぽ茶ってどんな味?

たんぽぽ茶の味に関する情報はさまざま。おいしいという人もいれば、まずいという人もいるようです。こうしたいろいろな情報から真実だけを取り出して、たんぽぽ茶の本当の味を紹介します。

まずいものもある

「おいしくないと感じた」という評判も聞くたんぽぽ茶。どうやらたんぽぽ茶には当たり外れがあるらしく、実際においしくないお茶も出回っているようです。まずいたんぽぽ茶の味は、苦い、泥臭いと言われています。まずいたんぽぽ茶は驚くほど飲みにくく、泥付きの根菜をそのまま口に入れたようだと評されることもあります。また、酸味がある、味が薄いと感じる商品もあるようです。ただし、淹れ方次第で味が変わり、苦いと感じることもあります。

おいしいたんぽぽ茶は紅茶のような味

まずいたんぽぽ茶があると言われる一方で、おいしいたんぽぽ茶もあります。たんぽぽ茶は当たり外れがあり、味の差には大きな違いがあります。おいしいたんぽぽ茶は、紅茶のストレートティーのような味というとわかりやすいでしょう。レモンなどを加えてアレンジも楽しめるお茶です。母乳を気にするママなども多く飲んでいるお茶ですが、おいしいたんぽぽ茶であれば、義務感ではなく、楽しんで飲めるほどおいしいと感じることもあります。

たんぽぽ茶とたんぽぽコーヒーの味の違い

たんぽぽ茶と同じような飲み物に、たんぽぽコーヒーがあります。たんぽぽコーヒーも、たんぽぽ茶と同じようにたんぽぽの根を使って作られた飲料です。たんぽぽ茶と同じような性質を持っていますが、若干味わいは異なると言われています。たんぽぽコーヒーはコーヒーの代わりに飲みたい人向けで、たんぽぽ茶よりもやや香ばしさを感じられるようです。

おいしくたんぽぽ茶を飲むには

たんぽぽ茶は、おいしいものとまずいものがあり、当たり外れがあると言われています。そのため、おいしいたんぽぽ茶を飲みたい人は、選ぶ段階から注意が必要です。また、味が口に合わなければアレンジも試してみましょう。

たんぽぽ茶の選び方

おいしいたんぽぽ茶の多くは、ほかのお茶やハーブ類とブレンドしてあり、ブレンドされているほかの素材の香りも感じられます。たんぽぽの根だけを使ったストレートティーよりも飲みやすく、さらにブレンドされた茶葉なども、健康や美容に気をつかった素材が多いようです。たんぽぽの根100パーセントのお茶は、ノンカフェインコーヒーっぽいと感じるかも知れません。

たんぽぽ茶のアレンジ方法

たんぽぽ茶はレモンやはちみつ、牛乳や豆乳などを加えることでさらに飲みやすくできます。豆乳は低カロリーなので、牛乳よりもダイエット向きです。たんぽぽ茶を淹れたら、そこにお好みの割りものや甘みをプラスしていきます。気温や気分によってホットやアイスなどのアレンジも可能です。あらかじめ冷蔵庫に冷やしておいて飲むこともできます。

ブレンドでバランスよく効果を摂取 おすすめダイエットティー10選 ブレンドでバランスよく効果を摂取 おすすめダイエットティー10選