杜仲茶の飲み方とは

継続することで痩せやすく太りにくい体に

杜仲茶は、脂肪を減らす効果が期待できるお茶です。正しい飲み方をすることで、ダイエット効果も期待できます。杜仲茶の飲み方をチェックして、より良い効果を発揮させましょう。

杜仲茶の効果を引き出す基本の飲み方

杜仲茶の摂取量の目安

体に優しい健康茶である杜仲茶は、基本的には摂取制限はありません。1日にコップ5杯分以上を飲んでも良いとされている商品もあります。杜仲茶の健康成分をしっかり摂取してダイエット効果を期待したいなら、茶葉6gを1日で飲みきれる量で煮出すとちょうど良いと言われています。この分量のエキスを摂取した際に、体重や内臓脂肪に良い影響が出たという研究結果もあるようです。

正しい淹れ方

おいしく淹れるためのポイントは、しっかりと煮出すことです。ただし、煮出す時間によっては苦味が出やすくなるため、好みの濃さを調節することも大切となります。分量としては1リットルのお湯に1パック(3g程度)の茶葉が基本です。やかんに水と茶葉を入れて、沸騰させてから弱火で10~15分程度煮出します。

正しい飲み方

杜仲茶はホットでもアイスでも楽しめますが、ホットで飲むことで、体を冷やさずに杜仲茶の効果を活用できます。ただし、飲みにくいと感じる場合には、冷やしたり、甘さを加えたりなどアレンジをしておいしく長く続けることを目指しましょう。レモンやはちみつなどを加えるのもおすすめです。

飲むタイミング

基本的に杜仲茶は、いつもの水分補給として活用して、毎日こまめに飲むと良いお茶です。ダイエットとはいえ、置き換えのような方法ではないのでおなかを満たすために一度に大量に飲むのは避けましょう。食前・食中・食後いつ飲んでも良いので、食事中に飲むなど、飲みやすいタイミングを見つけると良さそうです。

杜仲茶でダイエットをする時の飲み方のポイント

小まめに飲んで長く続ける

杜仲茶を飲むならば、一時的に大量に飲むのではなく、こまめに飲んで長く続けることが大切です。一度にたくさん飲むのはおすすめできませんし、杜仲茶を長く続けることで、代謝しやすく太りにくい体質へ体質改善も期待できます。

飲みすぎ注意

杜仲茶を飲む場合には、基本的に飲みすぎはNGです。また、特に腎臓の弱っている人は、飲みすぎによってカリウムの摂りすぎにつながり、健康を害する恐れがあります。通常の水分補給として飲む程度であれば、基本的には問題ありませんが、効果を出したい余りに頑張りすぎるのは危険です。

ブレンドでバランスよく効果を摂取 おすすめダイエットティー10選 ブレンドでバランスよく効果を摂取 おすすめダイエットティー10選