緑茶

血糖値を抑え脂肪を燃焼、殺菌作用にも優れているお茶

日本人には親しみ深く、普段から何気なく飲まれている緑茶ですが、古くは「薬」として位置づけられていたほど、実は様々な効能・効果があるのです。代表的な効能として挙げられるのが、血糖値の上昇を穏やかにする作用や、リラックス効果、殺菌作用などです。この働きにより、糖尿病の改善や予防、自律神経のバランスを整える、風邪の予防などに、緑茶は良い効果をもたらすとされています。また最近では、脂肪燃焼効果も期待できるとして、ダイエット茶としても注目されています。各メーカーからは、様々な商品が販売されており、人気を得ているそうです。

緑茶

緑茶とダイエットの関係

緑茶はとても日常的なお茶なので、特に「ダイエット茶」として意識することなく口にしている方も多いかもしれません。しかし実は、体調管理に役立つ成分がたっぷり含まれています。ここでは、緑茶の成分にどのような効果があるのか見ていきましょう。

緑茶の有用成分とその効果は?

  • 緑茶の効能

    ノンカロリーでダイエットに最適!ビタミンCたっぷりで美肌効果も

    紅茶やコーヒーだとどうしても砂糖やミルクをプラスしたくなってしまう方も多いはず。一方、緑茶はストレートで飲むのが一番美味しいので、余計なカロリーを摂ってしまう心配がありません。日本人の食事に合うのはもちろんのこと、普段の水分摂取としても気軽に飲めるのでダイエットにぴったりです。さらにビタミンCが豊富に含まれている点も嬉しいポイント。元気がなくなったお肌に活力を与え、みずみずしさやハリを取り戻してくれる効果が期待できます。

    口臭予防・生活習慣病予防・花粉症対策などにも活用できる

    緑茶に含まれる成分は、人体にさまざまなプラスの影響を及ぼすことが期待されています。例えば、緑茶に含まれるカテキン。殺菌作用があるため、緑茶を飲むと口内の細菌繁殖が抑制されて、口臭や風邪が予防できることが知られています。ほかにも血圧やコレステロールに作用して生活習慣病リスクを下げる、花粉症などのアレルギー症状を引き起こすヒスタミンの分泌を抑制するなど、効能については多数の研究がなされいる段階です。

  • 緑茶の有効成分にはどのようなものがある?

    緑茶には多種多様な天然成分が含まれており、それぞれの成分がどのように人体に作用するのか、世界中で研究が進められています。著名な効果としては、カフェインによる覚醒作用の増強がありますが、ほかにもダイエットの促進、胃腸の症状の改善や頭痛の軽減など嬉しい効果が期待できるという研究も。次のページでは、緑茶に含まれる有用成分にはどのようなものがあるのか、成分それぞれの作用のメカニズムなどについて詳しく解説しています。

緑茶の有用成分と効果について詳しくチェックする>>

おすすめの緑茶はコレ!

ヘルシア緑茶

脂肪の代謝を促進し体脂肪を減少させる「ヘルシア緑茶」

ヘルシア緑茶のHP画像

引用元:ヘルシア緑茶
http://www.kao.co.jp/healthya/
おすすめPOINT
  1. 茶カテキンにより、脂肪の代謝を促進!

    ヘルシア緑茶は、脂肪を燃焼させる作用のある「茶カテキン」を高配合することで、体の脂肪を代謝する力を高めて、体脂肪を減少させることを助けてくれる特定保健用食品のお茶です。

  2. ペットボトルなので、いつでもどこでも飲める

    持ち運びに便利なペットボトル飲料なので、食事のお伴や水分補給にいつでも取り出せるのが◎。また、アイスでもホットでもお楽しみいただけます。

  3. 1日1本を継続して飲むのがおススメ

    一度にたくさんの量を飲むよりも、1日1本を目安に継続して飲んでいくのが、より効果的な飲み方とのこと。

ヘルシア緑茶を詳しく見る >>

伊右衛門 特茶

トクホ飲料史上初めて脂肪の分解に着目した「伊右衛門 特茶」

伊右衛門 特茶のHP画像

引用元:伊右衛門 特茶
http://www.suntory.co.jp/softdrink/iyemon/tokucha/
おすすめPOINT
  1. 脂肪の分解がトクホで認められている

    サントリーの「伊右衛門 特茶」は、トクホ(特定保健用食品)飲料史上で初めて、脂肪の「分解」に着目して開発されたお茶です。

  2. トクホなのに飲みやすい!

    体脂肪を減らすのを助けるトクホ飲料でありながらも、緑茶としての風味や美味しさを実現したことで、食事にも良く合う飲み飽きない味わいとなっているのが特徴。

  3. ペットボトル1本分が1日分の目安

    バランスの良い食事とともに、1日に500㎖を目安にして毎日飲み続けることで、徐々に体脂肪の減少を実感できるとのこと。

伊右衛門 特茶を詳しく見る >>

緑茶はどんな味?

ほどよい渋みと爽やかな香りが、緑茶の特徴

日本人に一番愛飲されているお茶である「緑茶」は、ほどよい渋みと爽やかな香りが特徴で、スッキリとした飲みやすい味わいです。お茶を淹れるときの濃さによって、味わいが変化しますので、自分好みに淹れることも可能です。

緑茶の効果的な飲み方

ダイエット効果を狙うならば、温かい緑茶がおすすめ

緑茶による脂肪燃焼効果を狙うならば、水出しよりも熱湯で淹れた緑茶を飲むのがおすすめです。またタイミングとしては、運動の前や食事時が良いとされ、一度にたくさん飲むよりは、適量を習慣的に飲むことが大切です。

緑茶に副作用はあるの?

  • カフェインが含まれているため、過度な飲料は避けましょう

    様々な効能のある緑茶ですが、やはり注意しなければならないポイントというものがあります。それがカフェインです。緑茶に含まれているカフェインには、覚醒作用や中毒性があるため、過度に緑茶を飲み過ぎると胃に負担をかけてしまったり、不眠の原因ともなってしまいます。また、結石の要因ともされるシュウ酸も含まれているため、腎臓に不安のある方や、尿路結石の治療中、もしくは既往歴のある方などは、飲用に注意が必要です。心配な方は、信頼できる医師に飲用の相談をしてください。また、過度の飲用は体を冷やす原因となる可能性も、報告されています。緑茶の効能を正しく得るには、1度に大量に飲むなどの過度な飲用を避け、適量を楽しむのが肝心となります。

緑茶を愛飲している人の声

  • 脂っこい食事の後に飲むことで、体重をキープ

    緑茶でダイエットができるとのことだったので、試してみることに。飲んだから体重がいきなり落ちる、という夢のようなことはありませんでしたが(笑)、脂っこい食事をした後に意識して緑茶を飲むようにしたところ、翌日に体重が増加するといったことがないように思います。そのおかげか、現在も体重はキープ状態です。

    00 職業不明
  • これまで愛飲してきた缶コーヒーから緑茶に替えました

    これまでは、のどが渇くとジュースや缶コーヒーを愛飲していました。そういった飲料よりも、緑茶にはダイエット効果があると知って、それまでのものから緑茶に替えて飲むようにしました。因果関係はハッキリとはわかりませんが、飲み物を緑茶に替えてから少しずつですけれど体重が落ちてきました。

    00 職業不明
  • 飲むだけよりも、運動と一緒が効果的だと思います

    色々と、緑茶のダイエット効果を聞いていましたが、私の場合、緑茶を飲むだけでは痩せられなかったです。ですが、緑茶を飲むだけでなく、運動をプラスしたところ、少しずつからだが引き締まってきてラインが変わってきました。緑茶でダイエットをするならば、飲むだけではなくて運動と一緒におこなうのが、おススメですよ!

    00 職業不明
  • ダイエットもそうだけれど、健康にも良さそうだと実感してます

    情報誌を見て、大好きな緑茶を飲んでダイエットできるなら、と思って始めました。今まで飲んでいた砂糖やミルク入りのコーヒーや紅茶から緑茶に置き換えるとともに、間食をやめた成果も加わってか、2ヶ月で2.5㎏痩せることができました!お茶所の静岡ではガン死亡率が少ないというし、健康にも良さそうだと実感してます。

    40 職業不明

緑茶を科学する ダイエットと緑茶

栄養素が豊富で疲労回復にも役立つのが緑茶です。科学的な観点から緑茶が持つ効果についてみていきましょう。

人はなぜ疲れるのか?

緑茶の疲労効果を知る前に、まず人間が感じる「疲労」についておさらいしておきましょう。

人間は運動などで生じた乳酸が筋肉中に蓄積することによって疲労を感じると考えられていたのですが、近年、乳酸は疲れを生むどころか逆に筋肉の活動を促すことがわかっています。

参考:疲労の分子神経メカニズムと疲労克服

では、疲れの大きな原因は何なのか?というと、自律神経の乱れを原因とする説が有力となっているのです。生活習慣が乱れたりすると休息時も活動時に活発になるはずの交感神経が働いてしまい、安静時に活発になるはずの副交感神経がうまく働かなくなり慢性的に疲労を感じるようになってしまうと考えられています。

ここで活躍してくれるのが緑茶です。

緑茶の疲労回復効果その1.副交感神経を優位にする

緑茶には副交感神経を優位にする働きがあります。例えば、健常な20代前半の男性5人に疲労を与える作業を行わせた後に緑茶を飲んでもらった臨床実験では、緑茶を飲んだ後、明らかに副交感神経を示す値が高くなったとのこと。つまり、緑茶を飲んだ後はリラックスモードに入りやすくなることを意味しています。

緑茶の疲労回復効果その2.免疫力を高めて病気を防ぐ

私たちの体内では病気などと戦う免疫成分が備わっていますが、疲れているとその働きが低下してしまいます。しかし、緑茶を飲んだ後にその働きが上昇することがわかっています。緑茶は疲労負荷後の免疫低下を防ぐのにも役立ってくれるでしょう。

参考:緑茶の疲労回復効果

緑茶の疲労回復効果その3.精神的な疲労を緩和する

ストレスを感じた体内では活性酸素が大量に発生するのですが、活性酸素は病気の原因にもなる非常に厄介なものです。緑茶を飲むことによりリラックス効果が得られると先述しましたが、緑茶を飲んだ後は水を飲んだ場合に比べて負の感情項目が顕著に低下するというデータが報告されています。 自覚疲労度も下がるため、ストレスを抑えてリラックスしやすい状態に導いてくれるでしょう。

参考:緑茶の疲労回復効果

疲労とダイエットの関係性

女子大生を対象にした研究では、痩身志向が強い人ほど「全身がだるい」「ねむい」「めまいがする」「手足がふるえる」といったことを感じる割合が高いことがわかりました。

参考:若年女性の痩身志向が食行動と疲労に与える影響

これは、ダイエットの食事制限によって栄養不足が引き起こした結果だといえるでしょう。

別の研究ではダイエットが精神面にも影響を及ぼすことが判明しています。

参考:女子学生の日常生活習慣と疲労との関連について

食欲不振になり、更には拒食症を招くこともあるため、ダイエット中に疲労を感じたら栄養不足や食事内容が極端に乱れている可能性も疑ってみましょう。

緑茶はダイエットのおともに最適

緑茶にも、ダイエットに効果的な成分は含まれています。ですが、日課として緑茶を飲んでいるのに、一向に痩せない!と感じている方もいるはず。これは、緑茶だけではどうしてもダイエットの働きが弱いからです。

ダイエットティーには他にも様々な成分が配合されており、ダイエットに広く働きかけてくれるのが魅力です。お茶を使ってより効果的にダイエットを目指したいと思っている方はダイエットティーを取り入れてみましょう。

ブレンドでバランスよく効果を摂取 おすすめダイエットティー10選 ブレンドでバランスよく効果を摂取 おすすめダイエットティー10選