ギムネマ茶

砂糖を壊すものと呼ばれる、肥満防止に効果的なお茶

ギムネマは、インドや東南アジアに自生するツル性の植物で、インド原産の多年草です。現地の言葉で「砂糖を壊すもの」と呼ばれるほど、腸内で糖が吸収されるのを抑制する効果に優れていて、特に糖尿病の予防・改善や肥満の防止に効果があると言われています。糖の吸収を抑制するだけでなく、便秘の解消といったデトックス効果も期待できるため、ダイエット茶としても注目度の高いお茶です。血糖値や糖尿病を気にする人に最適となっていますし、また虫歯の予防やすい臓機能の活性化にも、ギムネマ茶は高い効果を発揮するとされています。

ギムネマ茶

ギムネマ茶とダイエットの関係

ブドウ糖が吸収されるのを抑制する作用を持っていることもあり、ダイエットに働きかけてくれる成分です。

また、ダイエットしたいけれどどうしても甘いものがやめられないと思っている方も多いはず。

ギムネマ茶に含まれている成分の中には甘みを感じさせなくなる作用もあるため、「甘いもの=おいしい」といったイメージが捨てられずにいる方にも向いています。

ダイエットのために甘いものを止めなければならないと思っているけれど、何故かそれができない…と悩んでいる方にも向いている成分を含んでいるのがギムネマ茶です。甘いものは糖分を多く含んでおり、どうしてもダイエットを邪魔してしまいます。

ですが、日常的に甘いものを取り入れる癖がついている方にとって、ダイエットしているからといってそれを全く取らないのはなかなか難しいことですよね。

そういった方もギムネマ茶を取り入れてみてはどうでしょうか。甘いものがやめられないためにダイエットはムリ…と思っている方にも是非とも試して欲しいお茶です。

ギムネマ茶の有用成分とその効果は?

ギムネマ酸

ギムネマ茶に含まれている成分のうち、特に注目したいのが「ギムネマ酸」と呼ばれるものです。

これは、ギムネマ茶にとって主成分ともいえるもののこと。

食事から摂取したブドウ糖が吸収されすぎてしまうと肥満に繋がってしまいますが、それを抑える働きを持っています。また、ギムネマ茶によって甘味を感じにくくなるのもこのギムネマ酸によるものなのです。このような働きにより、ギムネマ酸は糖尿病や肥満の改善・予防に効果的とされています。

食物繊維と似た働きをすることもあり、野菜から摂取できる食物繊維が不足していて、便秘に繋がっていると感じている方も取り入れてみてはどうでしょうか。

また、腸内で糖の吸収を抑制する作用もあるため、なかなか肥満の大きな原因である糖質の摂取量が抑えられない方にも向いています。

糖質といえば、ご飯やパン、麺など実に様々な物に含まれているので、こういったものを食べ過ぎてしまう方も取り入れてみてくださいね。糖が身体に吸収されにくくなる働きも持っているため、効率的にダイエットしたい方にも向いています。

特に一般的な食生活をしていたとしても現代は糖の過剰摂取に陥りやすいと言われているため、普通の食生活を送っているはずなのになぜか太ってしまう…と思っている方にとってもギムネマ酸を含むギムネマ茶は、現代人にとって健康維持に効果的な飲み物と言ってよいかもしれませんね。

それだけでなく、血中インシュリン濃度が低い状態を作ることができるため、ダイエットをしっかりとサポートしてくれます。ダイエットだけでなく、糖尿病で血糖値に注目している方も取り入れてみましょう。

参考URL:

井元敏明、生物物理Vol.30 No.3「生体の糖受容と植物配糖体ギムネマ酸」

https://www.jstage.jst.go.jp/article/biophys1961/30/3/30_3_146/_pdf

飲むと甘さを感じなくなるというギムネマ茶。ギムネマ茶に含まれる「ギムネマ酸」には、どのような効果があるのか、詳しく解説します。

ギムネマ茶のダイエット成分について詳しく見る

ギムネマ茶はどんな味?

やや渋みがあって、特有の青臭い香りがある

ギムネマ茶は、特有の青臭いような香りがあり、やや渋く苦い味のするお茶となっています。商品によってはブレンドなどで、さらに飲みやすくなっているものもありますので、自分に合った味のギムネマ茶を探すと良いでしょう。

ギムネマ茶はダイエットにはぴったりの飲み物です。毎日続けられるように、苦味を和らげて飲みやすくする方法も紹介します。

ギムネマ茶の味について詳しく見る

ギムネマ茶の
効果的な飲み方

ギムネマ茶を飲むならば、食後30分以内がおすすめ

ギムネマ茶の効能を効果的に取り入れるには、食後30分以内の飲用がおすすめです。甘味抑制作用を期待するなら、食前の飲用も良いですが、糖の吸収を抑える目的であれば、食後での飲用が最も効果的です。

また、飲みすぎると血糖値が下がりすぎることがあるため、適量を守るようにしましょう。ダイエットに良い飲み方について詳しく紹介します。

ギムネマ茶のダイエットに効果的な飲み方について詳しく見る >>

ギムネマ茶に副作用はあるの?

高血圧や糖尿病で薬を服用中の方は注意しましょう。

糖の吸収を抑制し、血糖値を下げる効果が期待できるギムネマ茶ですが、場合によってはその効果が逆効果となってしまう可能性もあります。一つが、現在高血圧や糖尿病の治療で、薬を服用されている方の飲用。効果が強く現れすぎてしまい、低血糖や低血圧などの不調が現れる可能性があります。飲み合わせで相性の良くない薬もありますので、ギムネマ茶を飲む前に必ず医師に相談するか、飲用自体を避けた方が良いでしょう。そしてもう一つとして、妊娠中・授乳中の女性の飲用。こちらも、ギムネマ茶の効果で本来赤ちゃんに必要な栄養素が十分に摂れない、という可能性があります。また、鉄分不足を起こす可能性も指摘されていますので、この時期の飲用は避けた方が無難でしょう。

貧血の人も注意してください。

もうひとつ、ギムネマ酸を主成分とする「ギムネマ・シルベスタ」抽出物の服用によって、心拍数の増加に伴う血圧の上昇が引き起こされることが確認されているほか、ナトリウムポンプという分子の活性がギムネマ酸によって抑制されることも報告されています。

強心作用など血圧の上昇を促進する症状は、そのナトリウムポンプが不活性化することで引き起こされると考えられています。というのも、ナトリウムポンプの不活性化によって心筋細胞中のナトリウム濃度が上昇し、それとともに細胞内カルシウム濃度も上昇するため、心筋の収縮力が高まり血圧が上昇するからです。

このため、ギムネマ茶を飲みたいけれど、血圧や糖の吸収に関係する何らかの症状があり服薬している方は、医師への相談が必須と言えます。

糖尿病治療中の方は、血糖値が下がりすぎるリスクがあるため注意が必要です。貧血の方や子どもなども、栄養不足になる可能性があります。

摂取する方や量によって体調を崩してしまう可能性があるので、副作用は必ずチェックしておきましょう。

ギムネマ茶ダイエットの副作用のリスクについて詳しく見る >>

ギムネマ茶を愛飲している人の声

  • 本当に甘さがわからなくなってビックリです!

    甘いものが大好きで、食べてしまう習慣がやめられない私に合っていると思って、ギムネマ茶を試しています。味は苦みが後から後からやってくる、という感じです。でも、飲んだ直後に甘いものを食べると、本当に甘さがわからなくなってビックリしました!腸がスッキリして老廃物も出ましたし(笑)、即効性はあるようです。

    00 職業不明
  • お弁当と一緒に飲むと、さっぱりして美味しかったです

    仕事の休憩中に、ギムネマ茶を飲んでいた友人から分けてもらい、1杯いただきました。想像していたより飲みやすい味で、お弁当と一緒にいただいたのですが、さっぱりとして美味しかったです。そこで自分でも始めたのですが、まだお試しなので体重の変化はありませんが、少しだけお通じはありました。

    30 営業職
  • 飲み始めた後の健康診断、血糖値が下がっていました!

    甘いものが大好きな私の、血糖値対策としてギムネマ茶を飲んでいます。先日、飲むようになってから初めて健康診断で血液検査を受けました。結果、前回の数値より血糖値が下がっていました!糖の吸収を穏やかにしてくれるギムネマ茶の効果がしっかり出て、血糖値が下がってきたのだと思います。良かったです。

    30 職業不明
  • 商品によっては、苦みを気にせずに飲めるのでおすすめです

    糖分の吸収を抑制する効果があると聞いて、ギムネマ茶を飲み始めました。最初は、ギムネマ茶は苦いと聞いていたので、続けられるか不安だったのですが、私が購入した商品はそれほど苦みは気になりませんでした。飲むと便通が良くなりますし、商品によっては飲みやすいものがありますのでおすすめです。

    00 職業不明

ギムネマ茶とダイエットティー(ブレンド)との違い

ダイエットティーの中にもギムネマの成分を含んでいるものがあります。では、ダイエットティーとギムネマ茶の違いは何なのでしょうか?

大きな違いを挙げるとすれば、ダイエットティーにはギムネマ茶単品では取り入れられないようなダイエットに役立つ成分がバランスよく配合されています。

ダイエットに取り組むのであれば、脂肪燃焼効果や血糖値の上昇を抑える効果、むくみ改善など様々な働きをしてくれるダイエットティーを取り入れたいところですよね。

ダイエットティーはギムネマ茶だけでは実現できないような高いダイエット効果が期待できるのが大きな魅力です。これまで、ダイエット目的でギムネマ茶を取り入れてきたものの、思っていたような変化が実感できない…と感じているのであれば、ダイエットティーに切り替えてみてはどうでしょうか。

ダイエットティーであれば、ダイエット中の運動をサポートしたり、つい食べ過ぎてしまった場面でもそれを何とか抑えてくれるような成分が配合されています。もちろん、ダイエット中には何かと我慢しなければならないこともありますが、ストレスを押さえる働きを持った成分が配合されているものもあるので、ムリなく続けられるでしょう。

ブレンドでバランスよく効果を摂取 おすすめダイエットティー10選 ブレンドでバランスよく効果を摂取 おすすめダイエットティー10選