オオバコ茶に含まれる有効成分

老化防止をはじめ、血流改善やのどの痛みにも

ダイエットだけでなく抗炎症や粘膜修復の作用もあるオオバコ茶は、毎日の健康茶として多くの方に人気です。口に含むと独特の風味が広がりますが、これは有効成分であるタンニンによるもの。体を若々しく、肌を美しく保つのに役立ちます。このほかアウクビン、コリンフラボノイドなど、聞き慣れない栄養分も。それぞれどんな働きをするのか見てみましょう。

オオバコ茶に含まれる有効成分を解説

タンニン

ポリフェノールの一種、タンニンの特徴は強い渋味と収れん作用です。茶葉やワインに多く含まれており、風味と味覚の決め手となっています。また化粧水の引き締め効果成分としても配合されています。

さらに、抗酸化力があるために生活習慣病の予防、メラニン発生を抑制する力があるために美白作用などの効果も期待されていて、サプリメントにも使用されています。

アウクビン

オオバコの葉や種子、茎に含まれているアウクビンには、口腔内や気管支の粘液分泌促進作用や粘膜修復作用があるので、のどの炎症や痛みを緩和するためにハーブや漢方薬などの成分として使用されています。利尿作用もあるので老廃物を排出してむくみを改善するともいわれています。

コリンフラボノイド

オオバコの種子に含まれているコリンフラボノイドという成分は、血管拡張作用とコレステロール・中性脂肪を減らす作用があります。この作用により血流が良くなり高血圧改善や動脈硬化予防などの効果と、脂肪蓄積防止でダイエット効果が期待できます。

プランタサン

種子の外皮に含まれている多糖類の一種、プランタサンには炎症を抑えて保湿する作用があります。アウクビンとの相乗作用により、のどの調子を整えて炎症や痛みを緩和する効果があるといわれています。

プランタマジョンド

抗炎症作用と抗酸化作用を持つプランタマジョシドにはその作用により、血液や血管を要因とする疾病予防の効果があることが証明されました。そして血管を強化して老化を防ぎ生活習慣病を予防する効果が期待されることが、解明されました。

ブレンドでバランスよく効果を摂取 おすすめダイエットティー10選 ブレンドでバランスよく効果を摂取 おすすめダイエットティー10選