プーアール茶に含まれる有効成分

リパーゼが脂肪を分解して痩せやすく

プーアール茶は、緑茶を発酵させて作られたお茶で、黒茶の仲間です。黒茶とは、製造工程で茶葉を加熱して発酵を一度止め、茶葉を手でもんで成形したあと、微生物の力で発酵させ作られるお茶のこと。このような製造方法を後発酵といいます。プーアール茶は後発酵によって、脂肪分解酵素であるリパーゼを発生させます。リパーゼは余分な脂肪を排出する効果が期待できるため、脂肪を取りすぎた人やダイエットを目指す人におすすめのお茶といえそうです。-カルチニンを作る原料です。

リパーゼ

脂肪を分解する作用を持った酵素の一種です。マウスを使った実験ではリパーゼが多いと中性脂肪の分解が促進されることが確認されています。[1]
また、コレステロール値の上昇を抑制する働きもあるため、肥満や糖尿病の予防にも働きかけてくれるとのこと。この研究では血中の中性脂肪が増えすぎて発生する脂質異常症「高トリグリセリド血症」への効果も確認されました。[1]

プーアール茶は、緑茶を発酵させて作られたお茶で、黒茶の仲間です。黒茶とは、製造工程で茶葉を加熱して発酵を一度止め、茶葉を手でもんで成形したあと、微生物の力で発酵させ作られるお茶のこと。このような製造方法を後発酵といいます。プーアール茶は後発酵によって、脂肪分解酵素であるリパーゼを発生させます。リパーゼは余分な脂肪を排出する効果が期待できるため、脂肪を取りすぎた人やダイエットを目指す人におすすめのお茶といえそうです。

熟成茶重合カテキン

プーアール茶に豊富に含まれている熟成茶重合カテキンは、腸から脂肪や糖を吸収するのを抑えてくれます。また、カテキンは身体が糖類を消化・吸収しやすいように消化する酵素の働きを抑えるため、糖類の取り込みを防ぐ働きも見逃せません。
カテキンを投与したラットを用いた実験では、糖類を与えても投与前に比べて血糖値の上昇が抑えられたことが確認されました。[2]

熟成茶重合カテキンとは、発酵過程でカテキンが変化したポリフェノールの1種です。プーアール茶には、緑茶の5.5倍もの重合型ポリフェノールが含まれています。カテキンは肝臓で脂肪酸を燃焼させて、食事などから摂取した脂肪の吸収を抑制する成分。プーアル茶に含まれている重合型カテキンは普通のカテキンとは違い、腸の脂肪や糖の吸収を抑える働きがより強くなっています。そのため脂肪の蓄積を防ぎ、体重増加のリバウンドも期待できるでしょう。

没食子酸(ぼっしょくしさん)

没食子酸(ぼっしょくしさん)とは、カテキンが発酵した成分です。ヨーロッパでは没食子インクの製造原料として使われていました。フェノール系の抗酸化物質の一種である健康成分で、果物やナッツ類に多く、お茶の中ではプーアル茶やウーロン茶のような発酵茶のみに含まれています。抗酸化作用や抗炎症作用、抗がん作用、糖尿病予防などに効果が期待されている成分です。

ビタミンB群

食事制限を伴うダイエットで不足しがちなビタミンB群もプーアール茶に含まれています。ビタミンB群はダイエットと深く関わっており、脂肪蓄積を防ぐために効率よくエネルギーを使うためにも欠かせない役割を持っているのです。

ラットを用いた実験では大量に餌を与えてもその餌にビタミンB1をまぜれば血糖値の上昇が抑制され、糖尿病にならないという研究結果も報告されています。[3] ビタミンB2やB6に関してもたんぱく質や脂質、糖質の代謝をサポートするので、不足しないようにしたいですね。

メチオニン

活性酸素を除去する働きを持っていますが、体内では合成できない必須アミノ酸の一種です。そのため、外から取り入れなければなりません。血中の悪玉コレステロールを下げて善玉コレステロールを増加させるため、悪玉コレステロール優位の状態改善にもつながります。[4]
また、むくみや抜け毛が生じたり、脂肪の代謝が落ちて太りやすい体質になる理由の一つとしてメチオニン不足が挙げられるので、プーアール茶で取り入れてみましょう。肝臓を保護し、肝機能を正常に保つ働きもあります。

メチオニンには、それ以外にもさまざまな働きがあり、健康に良い効果も期待できます。特に気になるものとしては、アレルギー症状やうつ状態を改善する働き。メチオニンの摂取は治療方法としても注目されており、こうした症状に悩んでいる人は今後の研究にも目を向けたいところです。さらに、メチオニンには毛髪の健康効果も期待されており、薄毛や抜け毛対策としても注目されています。美容にも健康にも良く、ダイエット中の健康維持に取り入れたい成分です。

ミネラル類

プーアール茶には、健康維持のために必要なミネラル類も豊富です。緑茶と比較すると、ナトリウムは2.5倍、鉄分は2倍、カルシウムは1.4倍もの量となっています。また、それ以外のミネラルとしては、カリウム、マグネシウムなどがあります。カリウムはナトリウムとのバランスを保ちながら体内の水分を調節し、高血圧やむくみを予防・改善するミネラルです。また、マグネシウムもカルシウムとともに骨の健康を支えたり、体内の酵素をサポートしたりする大切な成分となっています。

鉄分

エネルギーの代謝を促進させる作用がある必須ミネラルの一つで、不足した場合には貧血、運動機能・認知機能の低下、免疫力の低下、体温の低下などが現れます。ダイエット効果を高めるために取り入れたいのが有酸素運動。

しかし、鉄分が不足して貧血状態になった場合には運動効率が低下してしまいます。

女性は月経もありただでさえ体内の鉄分が不足しやすいので、積極的に補給するよう心がけましょう。プーアール茶は鉄分の吸収を妨げるタンニンの量が玉露や紅茶よりも極めて低いので、鉄分の補給にもうってつけの飲料と言えるでしょう。[5]

ブレンドでバランスよく効果を摂取 おすすめダイエットティー10選 ブレンドでバランスよく効果を摂取 おすすめダイエットティー10選