ルイボスティーのフルーツゼリー

フレッシュなフルーツの甘みとさわやかなルイボスティーゼリーが美味しい♪

抗酸化作用が高く、からだの内側から細胞の老化を防いで代謝を上げてくれるルイボスティー。ダイエットティーの中でもとても飲みやすいお茶で、スッキリとした味わいによりさわやかな気分になれます。紅茶にも近いフレーバーなので、フルーツとの相性もバツグン。今回はそんなルイボスティーを、見た目も華やかな食べ応えのあるフルーツゼリーに仕上げてみました。

ルイボスティーのフルーツゼリー ルイボスティーのフルーツゼリー

ルイボスティーのフルーツゼリー

所要時間
20min(固める時間除く)

ルイボスティーのフルーツゼリーのレシピ

ルイボスティーのフルーツゼリーの写真ルイボスティーのフルーツゼリーの写真

材料(3人前分)

ルイボスティー 500ml
アガー 5g
ラカントS 大さじ2
レモン汁 小さじ2
フルーツ お好みで

作り方

  1. ルイボスティーゼリーレシピ1 フルーツを食べやすい大きさにカットします。苺やキウイフルーツなど断面がかわいいフルーツは薄切りに。
  2. ルイボスティーゼリーレシピ2 容器にフルーツを詰めていきます。今回はメイソンジャーを容器に使用し、フルーツの断面が見えるように側面に貼っていきます。
  3. ルイボスティーゼリーレシピ3 側面に貼り付けたフルーツがはがれないように、他のフルーツを敷き詰めていきます。フルーツの色を合わせると見た目が綺麗になります。
  4. ルイボスティーゼリーレシピ4 敷き詰め終わったところです。容器の半分ほどまで詰めると丁度良い量になります。
  5. ルイボスティーゼリーレシピ5 甘味料(ラカントS)とアガーを混ぜ合わせておきます。ルイボスティーを沸騰させた鍋を火からおろし、甘味料とアガーを混ぜて溶かします。
  6. ルイボスティーゼリーレシピ6 甘味料とアガーが溶けたら、レモン汁を入れて混ぜます。
  7. ルイボスティーゼリーレシピ7 フルーツの入った容器に静かに流し入れます。
  8. ルイボスティーゼリーレシピ8 粗熱を取り、冷蔵庫へ。完全に固まったら完成です。

ポイント

  1. ラカントSでカロリーカット

    ラカントSは、羅漢果やとうもろこしといった天然素材からつくられた甘味料。砂糖と同じように甘みを感じるものの、カロリーはゼロという優れものです。砂糖大さじ1あたり35kcalもありますので、ラカントSに置き換えるだけで大きくカロリーをカットできます。

  2. 色とりどりのフルーツで見た目も楽しく

    さまざまなフルーツを使うと、見た目にも楽しくかわいいスイーツができあがります。外から断面が見えるように容器に入れるとGood!面倒なときは気にせずに無造作に入れてしまうのもOKです。

ルイボスティーってこんなにすごい!

酵素のチカラでからだを若返らせるダイエットティー

ルイボスティーには、細胞を老化させる「活性酸素」という物質を取り除く力をもつフラボノイドという成分が豊富に含まれています。このように活性酸素を除去する力を「抗酸化力」と呼び、抗酸化力をもつ酵素をSOD(スーパー・オキシド・ディムスターゼ)酵素と呼びます。

SOD酵素の一種であるフラボノイドにより、腸内環境の正常化による代謝のUP、アンチエイジング効果、生活習慣病の予防、高血圧の予防、動脈硬化の予防、アレルギー症状緩和など、数え切れないほどの健康効果がルイボスティーにはあるのです。ちなみに、ルイボスティーには緑茶の50倍、烏龍茶の30倍ものフラボノイドが含まれています。

ブレンドでバランスよく効果を摂取 おすすめダイエットティー10選 ブレンドでバランスよく効果を摂取 おすすめダイエットティー10選