ルイボスティーの副作用と
予防法をチェック

ルイボスティーは安全性の高いお茶だけど飲み方に注意も必要

ルイボスティーは、基本的に副作用のリスクが少なく、安全性の高いお茶と考えられています。ただし、飲み方や体質、相性によっては体調に変化を起こす人もいるため、正しい飲み方を知ることが必要です。

ルイボスティーの副作用とは

副作用の少ないお茶

ダイエットティーとも呼ばれるルイボスティーですが、そもそも薬ではなくお茶なので、決められた用量はありません。また、ノンカフェインで抗酸化作用のポリフェノールを含むなど体に優しいため、基本的に副作用というものはなく、体調を崩すことの少ないお茶です。基本的にはいくら飲んでも特に問題はなく、一般的な水分の取りすぎにさえ注意をすれば、ガブガブ飲んでも良いでしょう。

サプリメントと併用する場合は過剰摂取に気を付けよう

ルイボスティーは、薬ではなくゴクゴク飲んでも良いお茶ではありますが、サプリメントとの併用には注意しておく必要があります。健康成分が豊富なルイボスティーにはミネラル分も含まれており、サプリメントで栄養補給をしている人がルイボスティーも飲むと、成分の過剰摂取の恐れがあるためです。栄養素の中には過剰に摂取すると悪影響を及ぼすものもあるため、注意が必要となります。

水分の取り過ぎには注意

ルイボスティーはノンカフェインで、カロリーもありません。そのため、ダイエット中だけでなく、妊娠中の女性や子供も楽しめるお茶ですが、さすがに常識を超えた量を飲むと体調不良のリスクとなりかねません。一日に最適とされるルイボスティーの量は500ml程度ですが、無理して飲む必要はありません。水分摂取は健康に良いものですが、あまり飲みすぎると腎臓に負担がかかり、低ナトリウム血症を引き起こすことがあります。

人によってはアレルギーが出る場合がある

ルイボスティーはマメ科の植物「ルイボス」が原料のダイエットティーです。そのため、マメ科の植物にアレルギーを持っている人の場合には、アレルギー症状が出てしまうことがあります。喉がイガイガしたり、口の中に違和感が生じた場合には、飲むのをやめて医療機関を受診することが必要です。

安心して飲むためには

一日の摂取の目安量を守る

ルイボスティーをおいしく飲み続けるためには、正しい飲み方を実践することが必要です。ルイボスティーはお茶なので副作用というものはありませんが、水分の取りすぎが原因で体調を崩したり、おなかがゆるくなることはありえます。一日の摂取の目安量500mlを守って、たっぷり飲みたい人もあまり過剰にオーバーしないように飲みましょう。水分を取りすぎると、体を冷やす原因にもなるため注意が必要です。

サプリメントとの併用は慎重に

豊富なミネラルが含まれるルイボスティーは、美容や健康のための効果も期待できるでしょう。しかし、サプリメントを摂取している場合には、成分の過剰摂取にならないように注意が必要です。ルイボスティーと栄養成分が似ているサプリを併用するときは、ルイボスティーとサプリ、食事の全ての含有量が適量をオーバーしないように調整しましょう。

ブレンドでバランスよく効果を摂取 おすすめダイエットティー10選 ブレンドでバランスよく効果を摂取 おすすめダイエットティー10選