ソバ茶に含まれる有効成分

奇跡の成分ルチンで生活習慣病予防・免疫アップ

非常に強い抗酸化力で知られるルチン。ソバはルチンを含む数少ない食材です。そのダイエット効果や健康増進効果を活用したいなら、ソバ茶を毎日の生活に取り入れるのが一番でしょう。もちろんソバ茶にはルチン以外にも、疲労回復や老化防止、美肌効果が見込める成分がたっぷり詰まっています。ノンカフェインで味もおいしく、無理なく続けられるのも魅力的。ソバ茶の摂取によってもたらされる効果をまとめました。

ソバ茶に含まれる有効成分を解説

ルチン(ビタミンP)

ルチンは、強力な抗酸化力を持つポリフェノールの一種です。抗酸化作用が血管や脳細胞に影響を与え、血流促進・毛細血管強化・細胞酸化予防などの働きをして、生活習慣病予防や認知症予防に効果を発揮するといわれています。また、ビタミンC吸収促進効果が高く、ビタミンCとタッグを組んで毛細血管の強化やコラーゲン合成を助け、細菌の侵入をガードするという働きもします。

ビタミンB1

糖質の代謝に不可欠なビタミンB1は、疲労回復効果や神経機能の正常な維持効果などがあるとされており、疲労回復のビタミンともいわれています。ビタミンB1が不足すると、イライラして集中力の低下、末梢神経障害、脚気などの症状が現れます。

ビタミンE

強い抗酸化作用のあるビタミンのひとつ、ビタミンEは若返りのビタミンともいわれています。ビタミンEの働きで血流を促進し、細胞の新陳代謝が活性化することで、老化予防、生活習慣病予防・改善、美肌効果、生殖機能維持効果などが期待されます。

ケセルチン

ケルセチンは、ビタミンと同等の働きをするビタミン様物質といわれています。玉ネギなどの野菜やりんごなどの果物に含まれていて、強い抗酸化力で動脈硬化予防や血流促進をし、インスリンの過剰分泌を抑制し血糖値を下げる、コレステロールの吸収を抑制する、抗炎症作用・抗アレルギー作用などがあることが知られています。

ブレンドでバランスよく効果を摂取 おすすめダイエットティー10選 ブレンドでバランスよく効果を摂取 おすすめダイエットティー10選